22日Jリーグ14富士ゼロックス・スーパーカップ

サンフレッチェ広島対横浜F・マリノス戦が行われ、

2対0でサンフレッチェ広島がMF野津田、FW浅野のゴールで横浜を破り、

2014シーズンの幕開けを飾った。

試合はリーグ王者の広島が前半6分にMF野津田のゴールで先制すると

その後広島が堅守で横浜にゴールを許さず前半を折り返す。

後半横浜が攻勢を仕掛けるも、

後半21分に途中出場のFW浅野が抜け出して

ゴールを決めてリードを広げるとその後広島は自慢の堅守で

横浜にゴールを許さず逃げ切り2014シーズンの船出を飾った。

これでJリーグは開幕し1シーズン制当面最後のシーズンを戦う事になる。
昨年の天皇杯決勝のカードそのままの対決になった訳だけれど、

両チームとも戦力が多少代わり、そしてACLを控えているという事で

主力選手を何人か温存して備えて部分もある。

広島は昨年の正GK西川が浦和に移籍したものの

仙台の正GK林を獲得してその穴埋めは十分埋められた。

林は昨年のACLにも出場しているので広島にとっては

経験豊富なGKが備えているのは心強い。

一方横浜はベテランが多い事もあるのだろうけれど、

やはり運動量の少なさと前線の攻撃陣の層の薄さが若干気になった。

昨年はマルキーニョスが攻撃を牽引しただけに

絶対的なFWがいない事は横浜にとってどんな影響を及ぼすか?

とはいえこれでいよいよ来週からJリーグが開幕する。

今年で当面最後の1シーズン制となる訳だけれど、

1シーズン制で上位になる事を多くのチームは目標としている訳で

W杯と共にサッカーで盛り上がるシーズンにしたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。