16日ドラマ「S -最後の警官-」第6話を視聴した。

今回は離婚して別れた息子が突然山梨から訪れてきた古橋は

どう向き合って良いのかわからず一號とゆづるのところを訪れて遊び相手になってもらう。

離婚した原因がNPSになった事により家庭に戻る機会が無くなったことによるものだった。

程なくして離婚した元妻が訪れて息子と共に山梨に戻るバスに送る古橋たちだったが、

そのバスがバスジャックされて元妻と息子と乗客らが人質となってしまう。

これにより現場に向かう一號と古橋だったが、

犯人の犯行はエスカレートし次第に人質が殺傷されていく。

そんな中バスがパンクで止まり、

犯人は爆弾と共に自爆しようとしていたシーンがメインだった。
ストーリー

古橋の別れた妻・西原由紀子と

山梨で暮らす息子・史郎が、突然ひとりで古橋を訪ねてきた。

理由を聞いても黙っている史郎に困った古橋は、

休暇をとっていた一號の家に史郎を連れて行く。

一號は古橋、史郎、そしてゆづる、と近くの公園に遊びに行くことに。

夕方になって、史郎を迎えに来た古橋の元妻・由紀子の再婚話を聞いた古橋は、

ショックを受け動揺する…。.

家路へと向かう高速バスまで見送りに来た古橋は、

最後の別れ際、史郎に大ッ嫌いと言われてしまう。

ゆづるに諭されるも、何も居えずに見送る古橋。

そして由紀子と史郎が乗ったバスが高速道路に入った頃、

乗客の廣田秋人がリュックから鋭い鎌を取り出し運転手の首にあて、行き先の変更を求める。.

バスジャックの知らせを受けたNPS隊長・香椎からの電話で史郎たちの乗ったバスが

バスジャックされたことを知った一號と古橋は、古橋の車でそのままバスを追いかけ…。

以上TBSドラマS -最後の警官-HPより


今回は古橋は離婚した息子と再会する。離婚原因がNPSになった事によるものだった。

この仕事は妻にも守秘義務が課せられるほどの仕事なのでどうしても教えられないものだ。

しかし子供にはまだそれを理解するのに時間が掛かる。

そんな束の間の時間を過ごしたが成長した子供とどう向き合って良いのかわからずにいた。

そんな中で素直に慣れず古橋は子供と別れてしまった。

しかしそのバスがバスジャックされた事により事態は急変する。

バスジャックなのでどうしても限られた空間の中で極限の状況となる訳だけれど、

1人に対して何人か向かえば何とかなりそうな感じもするが

こういう時ほど身動きが取れないものだ。

バスは警察のゲートを破り逃走するがパンクでトンネル内に止まってしまう。

そんな状況で古橋は息子と元妻を救うために向かうのだった。

次回は爆弾を持った犯人に対して古橋はどう立ち向かうのか?

そして一號はどう犯人を確保するのか?

その攻防に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。