26日ドラマ「S -最後の警官-」第3話を視聴した。

今回はNPSの存在を周知してもらう目的でマスコミにNPSを公表した。

そこで部隊のモデルとして一號が取材を受けるが

これをしらされていなかったゆづるは複雑な気持ちになる。

そしてSATにとってもこれは面白くない。

そこでSATとNPSどちらが日本を守る組織かを示すための模擬戦をやる事となった。

そこで模擬戦が始まるが長年訓練慣れしているSATに対して

NPSは結成したばかりで思うような行動が当初取れない。

しかも豪雨の中でNPSは苦戦を強いられる。

しかしSATに次第に追いつき始めた。

その中でSATのメンバーが誤って崖に転落し救助するか?

そのまま進むか?

の決断を強いられ、SATはこのまま進んだが、

NPSは転落したSATメンバーを救出を選択した。

この判断は国防に置いて迷われる部分のある判断で両者とも

正しい判断だったとも言えるがそんな中で模擬戦2日目で人質役だった

秋が国際テロリストに本当に拉致されてしまうシーンがメインだった。
ストーリー

全国にNPSの存在を周知させるため、

NPSを代表してTVのインタビュー取材を受けることになった一號。

特殊部隊に所属する人間がカメラの前に顔を晒すことは、本来あり得ないことである。

蘇我らSATの隊員たちは、

一號がTVのインタビューで顔を出しているニュースを複雑な思いで見ていた。

創設以来30年。

ひたすら身分を隠し、家族にも伝えず遺書まで書いて、

ただこの国の治安を守るために汗を流してきたSATの隊員たちは、

創設されて間もないNPSの行動に、同じ特殊部隊として屈辱と怒りが込み上げる。.

そんな中、NPSとSATが合同訓練を行うことが決定する。

挨拶に訪れた蘇我らと一號たちは訓練についての書類に目を通しながらも激しく睨み合い、

合同訓練に不満を漏らす一號に、蘇我は冷たい視線を向け挑発するのだった。

合同訓練は1日目の夜に『障害踏破訓練』、

2日目は朝から『エントリー訓練』を行うことになっている。

不穏な動きを感じていたNPS隊長・香椎は、無事に訓練が終わることを祈るのだった。.

そして、いよいよNPSとSAT、

どちらがこの国を守るにふさわしい部隊かを決める合同訓練が始まる。

号令と共に一號らは闘志をむき出しに障害踏破訓練へと駆け出すその頃、

エントリー訓練の人質役に自ら志願していた秋のもとに、

国際テロリストとささやかれるMの影が忍び寄っていた….

以上TBSドラマS -最後の警官-HPより


今回はNPSを周知するためにマスコミに告知する事になった

NPSはそのモデルに一號が取材を受ける事になった。

取材を知らないゆづるはこれを知り複雑な心境になるも止める事ができない。

そんな中この状況に面白くないSATは結成30年以上のプライドがあると

SATとNPSで競う模擬戦が展開される事になった。

そして模擬戦は2日間に分けて行われる。

1日目は夜営による模擬戦、2日目は人質救出するための模擬戦と

2日目の人質役には秋がなる事となっていた。

1日目は夜営となったがここで大雨により視界が

非常に悪く悪天候の中で模擬戦が行われた。

模擬戦に慣れているSATにとっては関門を難なくクリアされていくが、

NPSはこれが初の模擬戦となるだけに勝手がわからず苦戦する。

しかし徐々にチームワークを強くしてきたNPSはお互いを助けながら進んでいくのに対して、

SATはあくまで任務遂行を重視した。

この結果途中でSATのメンバーが崖に転落したところで任務か?救助か?

というところで救助を選んでいる。

これは完全な緊急時であるならどうすべきか?

というのがあるんだけれど、NPSは救助を選んでいる。

正直どちらも間違った見解ではない。

ただこの状況でも救助を選んだNPSは誰も殺さず

確保という点でその特性を出した格好です。

例え味方でも死なせないというのはサバイバルでは必要な事でもありますからね。

そして2日目に入ろうとするところで秋が国際テロリストに拉致されるという事態となり、

模擬戦から実戦に変わるのだった。

次回は実戦でNPSとSATが秋の救助に向かう。

果たして秋を救助する事ができるのか?

その救助に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。