16日サッカーJ1アルビレックス新潟は全選手の契約更新、

移籍加入が終了し新体制発表が行われ、2014シーズンが始動した。

今シーズンはオフにGK東口、MF三門のレギュラー2人が移籍したものの、

それ以外のレギュラー選手は全員残留し、

東口の穴埋めとしてGK守田、MF三門に代わってMF小林が加入して

東口の抜けた傷口は最小限に抑えた。

全体を通してここ数年にない主力選手の残留で

昨シーズンからのサッカーを継続できるという点では非常に大きいスタートになりそうだ。
ついに2014シーズンがスタートした訳だけれど、

このオフで1番痛かったのはGK東口のガンバ大阪復帰という事だ。

GK東口がいるのといないのでは大きな差を感じた昨シーズンでもあっただけに

優勝、ACLを目指す上で東口の後釜が新潟にとって最大の急務な課題だった。

そこを富山で1シーズン半プレーした京都から守田を獲得する事で埋めたが、

確かにU代表経験はあるものの、J2で多くの試合経験があるが、

必ずしもいい評価を受けていた訳じゃない。

ただ新潟にはこれまでいなかった191cmという長身は大きな武器になるだけに

黒河、泰広にない武器で競争に勝てるようなら新潟のゴールは

昨シーズンに近いほどの守備力を得られると思う。

今回の補強のメインはDFとMFだったのでまず新戦力から見ていくと、

DFには大野和成、ソン・ジュフン、松原健、酒井高聖

内田、村上が抜けたサイドバックには右に松原を補強し、

高聖が左とセンターを兼ねる事になりそうだ。

センターバックは和成、ジュフンの加入で4.5人体制というのが正しいかもしれない。

それぞれレギュラーを獲れる選手が入った事で

誰が抜けても対応できるだけの力があるセンターバック陣は大変心強くなった。

MFには小林裕紀、加藤大が加わった。

小林は三門に代わって加入した訳だけれど、

三門に無かった展開力とキープ力は新潟にとって大きな武器になるだろうし、

ボランチから展開するサッカーを柳下監督が目指しているはずだから

昨シーズン終盤を踏まえると当面は成岡と小林の併用になるのではないだろうか?

加藤大は昨シーズン人材不足に陥った左サイドハーフでのプレーに期待している。

愛媛では全試合に出場して9ゴールを上げるなど

チームの主力として活躍しただけに

そのプレーがそのまま新潟で出せれば十分左サイドハーフのレギュラーを獲れるだろうし、

セットプレーでも右の亜土夢、左の大という感じで幅が広がる。

以上が新戦力の全容だけれど、FWは昨シーズンの戦力を維持しただけに

攻撃面は若手の成長が見込めるという判断があるだろうし、

継続して連携を磨いた方が新しい選手を入れるより

より効果があるという判断だと思う。

その代り昨シーズンの課題の1つだった中盤の展開力という点では

三門の無限像のスタミナを失ったが、

その代わりに小林が加入し中盤の展開力を手に入れた。

そして昨シーズン人材不足に泣かされた左サイドハーフに大が復帰した事で

このポジションの穴埋めは完了した。

ディフェンスについてはアジア大会に出場する可能性がある選手が

尚紀、松原、ジュフン、場合によって高聖と最大武蔵含め

5,6人アジア大会に出場する可能性がある。

その時欠けても良いようにセンターバックを余分に、

そしてサイドバックも征也、坪内で埋める事でその間を乗り切る予定だ。

GKは3人の競争なので1番パフォーマンスの高い選手がレギュラーを獲る事になるだろう。

そして今回の変更点としては背番号だけれど、

舞行龍が4番を、そして10番に亜土夢が自ら希望して10番背負う決意を固めた。

これまで10番は外国人選手が背負ってきた背番号だったけれど、

この背番号を新潟出身の日本人選手が背負う時代がついにきた。

そして今季は三門がゲームキャプテンを務めた役目を亜土夢が担う事になるだろう。

亜土夢キャプテンの下で今季は戦っていく。

これでポジションを整理すると、

GK 守田(黒河、泰広)

DF

右SB尚紀(征也、松原) CB舞行龍(ジュフン) CB大井(和成、高聖) 左SBジンス(坪内、高聖)

MF

ボランチ 成岡(小林、小泉) レオ(勲、高聖)

右SH亜土夢(ホージェル、征也) 左SH大(成岡、岡本、小塚)

FW 達也(武蔵、岡本) 堅碁

陣容は4−2−2−2が基本なのでほとんどの選手を

それぞれのポジションに当てはめていくとこのような感じになる。

ただ多くの選手が常時出場できないのでナビスコ杯では何人も入れ替え、

U-22選抜に小塚、高聖、小泉らを派遣する可能性があるので

ここはそれぞれが出場機会を得てチャンスを掴んでほしいところだ。

いよいよ亜土夢キャプテンの下でACLを目指していく戦いが始まった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。