3日スペシャルドラマ「鍵のかかった部屋」新春スペシャルを視聴した。

このドラマは2012年4月クールで放送された

連続ドラマ「鍵のかかった部屋」のスペシャル版で

榎本が消えてから半年後に芹沢と純子は

ある証券会社会長が撲殺される事件が起きて、その事件は密室事件だった。

しかしその事件のさなか今度は清掃密室事件が起きて、

そこで純子は半年ぶりに榎本と再会し、

榎本に証券会社会長の密室事件の協力をお願いするも

榎本はそこで清掃密室事件をアッサリ解いてしまい、

そして証券会社会長の密室殺人事件に絡んでいる事を知る。

その先に辿り着いたのは芸術を金にされた金で芸術を捜査していた密室事件だった。

その事件に果たして何を見たのだろうか?
ストーリー

榎本径が姿を消してから半年、芹沢豪と青砥純子は、通常の弁護士業務をこなしていた。

そんな折、芹沢が相談依頼を受けていた証券会社会長の藤林が

撲殺されるという事件が起こる。

しかも、藤林の姪の郁子とともに遺体を発見したのは芹沢だった。

刑事の鴻野から藤林との関係を聞かれた芹沢は、

藤林の亡くなった妻の10億円相当の絵画コレクションを

美術館に寄贈する話を仲介していた、と明かす。

およそ1ヵ月後、弁護士事務所に高齢の朝妻が

マンションの管理人の小檜山に付き添われてやってくる。

応対した純子に朝妻は、

心臓発作で倒れたときに自分を助けてくれた命の恩人を探してほしい、と訴える。

朝妻を助けた人物は、朝倉が倒れていた自室まで来て応急措置を施し、

119番通報をしたまま姿を消したのだという。

同じ頃、芹沢は郁子に会っていた。

藤林を殺害した犯人は捕まっていないが、寄贈についての話を進めたい、

という芹沢に郁子は寄贈を中止してほしいと頼む。

事件の前日に、藤林が寄贈を中止したいと話していた、と郁子は証言する。

別の日、純子は朝妻のマンションの住民から聞き込みをしていた。

そんなところへ、小檜山に連れられて男がやって来る――榎本だった。

純子は、新しい防犯カメラを設置するために呼ばれたという榎本を朝妻の部屋に連れて行く。

その後、芹沢は郁子を寄贈先の美術館館長の平松と面会させる。

寄贈中止、との言葉を聞いた瞬間、平松の表情が鋭くなった。

その頃、館内にいた榎本と純子は、

企画展のために作品を制作中だという有名アーティストの稲葉透に会う。

稲葉が制作した遊園地のミラーハウスを模した迷路と、

そこにはめ込まれた巨大なオブジェ。

その前に立った榎本は…。

以上フジテレビ鍵のかかった部屋HPより


実は約1年半ぶりに返ってきた訳だけれど、榎本の秘密を最後には見る結末になっている。

元々榎本の正体そのものが実は謎だったりする訳だけれど、

今回も突然現れたと思えば事件だけ確り解決していく当り只者ではないのだけは間違いない。

ただ完全な正体は明かされないままだが、

それはさておき今回の事件について振り返っていきたいと思う。

事件はある証券会社会長がゴルフクラブで撲殺された事から事件が始まる。

当初は強盗による密室殺人事件と扱われたが、

どうも現場の状況からして1つの窓だけ破られている以外は

全て閉まっているという密室状態だった。

手がかりも消されており、手がかりなしの中で芹沢と純子は途方に暮れる。

そんな中純子があるマンションで清掃密室事件に関わる事になる。

どうも内容がシックリこない純子はそのマンションを自ら検証する事にした。

そんな中で純子は半年ぶりに榎本と偶然再会する。

どうやら榎本はマンションの管理人から頼まれて来たらしい。

そんな榎本は清掃密室事件をアッサリ解いてしまうのだった。

犯人はこのマンションの管理人だった。

しかしどうして清掃しなければならないほどだったのか?

と言えば実は管理人は数多くの空き巣をやってきた常習犯だったのだ。

しかし今回はそれだけではないらしく。

偶々空き巣に入った先で2度も撲殺殺人事件と心臓発作の病人に遭遇するという

偶然に次ぐ偶然の事件に巻き込まれたのだった。

しかし空き巣には変わりなくマンションの管理人は逮捕されるが、

殺人だけはしていないと殺人の無実を榎本と純子に託すのだった。

そんな最中芹沢が何者かに狙われている事で

この事件に関われず芹沢はあまり関わって来ない。

そんな中純子は寄贈しようとしていた美術館の館長を訪れる。

どうもこの館長が怪しいと感じるも証拠がない。

そんな中この美術館で作品を制作している有名アーティスト稲葉透という人物に出会う。

そんな中で今度はこの美術館の館長が密室で殺害されていた。

榎本はこれを密室殺人と説明し、事件はさらに混迷を極めていく。

そしてまず榎本は証券会社会長が殺された密室で密室トリックを解いてみせた。

実はこの殺人事件には美術館の館長が犯人である事を突き止めたものの、

今度は美術館の館長密室殺人事件の謎が解けない。

艦長室まで全ての監視モニターには誰も写っていなかったからだ。

そのトリックを探そうと奔走する榎本と純子だったが、

ここで榎本が芹沢が何も見えなかったというテレビから

ヒントを得た事でこの密室のトリックを解き明かして、

榎本は有名アーティスト稲葉透が館長殺しの犯人だと断定し、

その密室を解き明かすと有名アーティスト稲葉透は館長が

巨額な裏金で自分の絵を売れるようにしていた事と、

お前に才能は無いと言われた事で激怒して殺す事を決意したというのだった。

芸術家にとって芸術をごみ屑と言われてはそれは起こるのは当然だし、

本来芸術は凡人にはわからないものであり、

それを食い物にしていた館長が最大の元凶だったと言える。

それにしてもやり切れない事件の結末だった。

そして榎本は個人ショップで泥棒の手ほどきをしているという裏の顔を見せたのだった。

果たしてこの先続編があるのか正直分らないけれど、

間違いなく榎本は警察にマークされるのは間違いないかもしれない。

この3人が再び密室事件を解く事があるのだろうか?

これは榎本の意向に掛かっているのかもしれない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

鍵のかかった部屋 (角川文庫)
貴志 祐介
角川書店(角川グループパブリッシング)
2012-04-25




鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX
大野智
ポニーキャニオン
2012-10-10