8日ドラマ「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第9話を視聴した。

今回は七瀬が多重人格者と診断された事で強制入院してしまうものの、

それを謎の美少女レイコに奪われてしまった。

実はレイコは七瀬が作り出したもう1人の人格だった。

その人格は黎士を超えるものだった。

そして謎の美少女は黎士の助手たちに魔の手を伸ばす。

偶然七瀬のパソコンをハッキングした星と葦母は助手たちが

襲われるのを察知して助けに向かった。

しかし既にその場に助手と謎の美少女は消えており、

七瀬のパソコンからアンドロイドのデータを駆使して作り出そうとするが

今度はレイコに2人が襲われ、隔離されてしまう。

そしてそこでレイコが黎士と比較された事により格差を感じて

もう1つの人格を作り出してしまった。

しかしそれに星が1番の理解者は七瀬だった事を告げられていた事を知ると

レイコはこれまでの行動が間違いだったと悟るも既に謎の美少女を止める術を失っていた。

それを完治したロイドだったが以前の戦いで瀕死の重傷を負ったが

サプリによって何とか復旧したものの戦う術が残っている状況じゃなかったが、

サプリ、カドシロの協力で助手たちと星たちを助け出しロイドは

謎の美少女と決戦に挑むシーンがメインだった。
ストーリー

解離性同一性障害(多重人格障害)で入院を余儀なくされた黎士の妹・七瀬。

病室に現れた謎の美少女にそそのかされ、

“レイコ”という凶暴な別人格に体を乗っ取られてしまった

七瀬は担当医師や看護師たちに暴行し、入院先から逃亡してしまう。

病院から七瀬の逃亡の連絡を受けた麻陽は、

ロイドや沫嶋研究室の助手の斗夢、薫、倉田らと共に手分けして七瀬を探す。

しかし、そんな麻陽にまたしても暗殺者のケプラとメンデルが襲い掛かる。

麻陽を護るため今までと同様に戦闘モードOSの“アスラシステム”を起動させて戦うロイド。

だが、ケプラとメンデルは以前よりアップグレードされており、

ロイドは2人を倒すどころか逆に重傷を負わされて、“アスラシステム”が限界に達してしまう。

麻陽と共にマンションに戻ったロイドはすぐにサプライヤーのサプリから修理を受けるが、

ロイドは“アスラシステム”を起動させる最後の注射器(液体状の分子タスクコマンド)を

ケプラ&メンデルとの戦いで既に使い切ってしまい、次の戦闘が難しい状況に陥る。

一方、沫嶋研究室では3人の助手たちが七瀬の行方を突き止めるため、

手がかりを得ようと七瀬のパソコンを調べ始めるが…。

以上TBS「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」HPより

今回はカドシロから黎士が未来との交信を発見し、

そこから今の時代の麻陽を守るように想いを送信したものだった。

やはり未来から麻陽を守ろうとしているのは間違いない。

そしてその元凶であるのも七瀬の二重人格であることも間違いなく知っている。

それを知った麻陽だったが既に七瀬はもう1人の人格レイコとなっており、

レイコを止める事は難しい状況になっていた。

そして黎士の助手たちも七瀬を探していたが、この行動が助手たちを危険にさらす。

案の定ロイドはその前に麻陽を守るために瀕死の重傷を負った。

これによりロイドはほぼ動けない状態になる。

星はハッキングした七瀬のパソコンから

七瀬が2113年のデータをダウンロードしていた事を知る。

そこに七瀬が作り出した謎の美少女のデータすらあった。

星はその美少女が助手たちに襲い掛かろうとしているのを見て

葦母と助けに向かうも既に姿が無かった。

星は七瀬のパソコンを稼働させ、

そこで5Dプリンターを稼働させるもその前にレイコに襲われ隔離される。

そこでレイコとなった七瀬に黎士が1番の理解者は七瀬だったと告げると

これまで誰にも認められなかったと思い込んでいたレイコの人格が混乱を起こし、

レイコは間違いに気づくも、既に謎の美少女の行動を止める事はできない状況になっていた。

そして3人は美少女に撃たれた。その画像を送られた

ロイドはその行動を止めるべくアプリと麻陽を残して向かう。

そしてロイドは麻陽たちの助けを得て謎の美少女と最終決戦に挑むのだった。

次回は謎の美少女をロイドは倒せるのだろうか?

そして黎士の想いとは何だったのだろうか?

その結末に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。