31日プロ野球日本シリーズ2013巨人対東北楽天第5戦が東京ドームで行われ、

延長10回2対4で東北楽天が則本投手の気迫の投球で勝利し

初の王手を掛けて無敵のエース田中投手に日本一を託し、

巨人は無敵のエースを打たなければ日本一は無くなった。

試合は巨人先発内海投手、東北楽天辛島投手の投げ合いで始まり、

3回に東北楽天が1番岡島選手、3番銀次選手のタイムリーで2点を先制する。

巨人は先発辛島投手の前に5回までに1安打に抑えられるが、

6回から2番手に第1戦で先発した則本投手が登板するも

7回に巨人は5番村田選手のホームランで1点差にすると、

土壇場9回に5番村田選手の内野安打とタイムリーで

同点に追いついたが勝ち越しする事ができず、

延長10回に4番手西村投手が9番則本投手に四球を与えるとピンチを広げてしまい、

3番銀次選手の勝ち越しタイムリー、4番ジョーンズのタイムリーで勝ち越しを許した。

最終回は則本投手の前に反撃できず、東北楽天は3勝2敗で王手を掛けた。

これで巨人は東北楽天に王手を掛けられ

第6戦で無敵のエース田中投手を攻略しなければ日本一の道が無くなった。
9回まで負け試合を同点に追いついたまでは良かったが

全ては10回の攻防が全てだったというしかない。

東北楽天はリリーフ陣が当てにならず2番手に第1戦で先発した則本投手は

最後まで続投させた位なので逆に考えれば

その則本投手から同点に追いつけただけでも

この試合は敗色濃厚の試合を延長戦まで持ち込んだ。

それまで5回まで1安打しか打てなかった辛島投手をあっさり諦めたという事でも

いかに則本投手と田中投手以外に頼れる投手がいないかという表れでもあり、

その意味では必ずしもノーチャンスではないのだが、

これで第6戦には田中投手から得点を取らなければならないという事だけが確定した。

ただこれは考え方次第だが東北楽天の投手起用を見ればわかるが

星野監督の中には無敵のエース田中投手、

新人として大活躍した則本投手以外は信頼度が極端に低いだけに

第6戦では田中投手が登板している間は何が何でも無失点に抑える必要があるという事だ。

逆にいえば9回まで無失点に抑えられればチャンスがあるという事でもある。

いくら無敵のエースでもシーズン0点台ではない。

そのカギを握るのは伏兵だという事は第2戦で掴んでいる。

全ては田中投手が登板している間だけは

無失点に抑え続ける必要がある事はハッキリしただけだ。

それだけ連覇は簡単ではないという事だが、ここを乗り越えれば連覇は見えてくる。

果たしてこのまま東北楽天が無敵のエースで日本一を取るのか?

それとも巨人は無敵のエースを攻略して第7戦に持ち込むのか?

運命の第6戦はいかに・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。