30日プロ野球日本シリーズ2013巨人対東北楽天第4戦が東京ドームで行われ、

6対5で巨人が4番ジョーンズの3ランで先制を許すも、

東北楽天の投手陣の乱調を捉えて逆転して逃げ切り対戦成績を2勝2敗のタイに持ち込んだ。

試合は巨人先発ホールトン、東北楽天先発ハウザーの投げ合いで始まり、

初回に東北楽天が1死1,2塁から4番ジョーンズの3ランで楽天が3点先制するが、

その裏巨人は5番村田選手のタイムリーで1点を返すも、

2回に東北楽天は2番藤田選手のタイムリーでリードを広げられる。

巨人は4回に無死1,2塁から1番長野選手のタイムリーで1点を返し、

4番阿部捕手の犠牲フライで1点差とし、

5回に巨人が1番長野選手の2点タイムリー2ベースで逆転に成功した。

しかし東北楽天も6回に8番聖沢選手のタイムリー2ベースで同点に追いつかれた。

しかし巨人は7回に1死1,2塁から2番寺内選手のタイムリーで勝ち越したが

その後追加点を奪えなかった。

しかし巨人はその後3番手マシソン、4番手山口投手が東北楽天打線に反撃を許さず

対戦成績を2勝2敗のタイに持ち込んだ。

これで巨人は2勝2敗のタイに持ち込み第5戦で王手を掛けて

田中投手、則本投手が待つ仙台に向かいたい。
序盤にリードを許してまたも苦しい展開だったけれど、

この試合は東北楽天の投手陣が11四死球にエラーも絡みもあり事実上自滅した格好だ。

やはり田中投手、則本投手以外に頼れる投手がいない事を露呈しただけに

出す投手が乱調でそこを上手く巨人はチャンスを活かしたものの、

乱調すぎて完全に攻略し切れなかったのも事実だ。

それでもここで王手を掛けられるのとタイに持ち込んで

第6戦まで戦えるとでは全然違う。

仙台では田中投手、則本投手が控えるものの、

この流れだと巨人が勝利したら第6戦は則本投手が、

東北楽天が勝利したら田中投手が第6戦に登板してくる事が予想される。

王手を掛ければいくら後が無くても最後は田中投手が登板すれば

確実に取れると踏んでくるだろうし、ホームというアドバンテージもある。

しかし王手を掛ければ予定通り田中投手が第6戦に先発してくるだろう。

どちらにしても攻略が難しいので1点差ゲームになると思うけれど、

第5戦では打線が復調して仙台に乗り込まないと連覇は難しくなることだけは確かだ。

ただ内海投手、菅野投手が安定しているので第6戦で決めれれば1番良い。

確かに東北楽天も安打数は打っているけれど、

ほぼ得点のケースが1イニングに集中しているので

そういうイニングで大量失点しない事が第5戦以降に求められる。

ただ巨人打線は長野選手が復調したものの阿部捕手の状態が深刻なだけに

阿部捕手の復調が第5戦で求められる。

第5戦は東北楽天は総動員での総力戦でくるだけに

巨人は序盤からリードを奪って王手を掛けて仙台へ乗り込みたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。