29日プロ野球日本シリーズ2013巨人対東北楽天第3戦が東京ドームで行われ、

1対5でで東北楽天が巨人先発杉内投手を攻略して

そのリードを守り切り仙台へ戻る切符を確保して対戦成績を1勝2敗とされ

巨人は無敵のエース田中投手と対戦しなければ日本一になれない窮地に追い込まれた。

試合は巨人先発杉内投手、東北楽天先発美馬投手の投げ合いで始まり、

初回から東北楽天は巨人先発杉内投手を攻めて、

2回に2死満塁から2番藤田選手の2点タイムリー2ベースで2点を先制すると、

3番銀次選手の2点タイムリー2ベースで先発杉内投手をKOした。

その後巨人はこの反撃を2番手小山投手が抑えたが、

打線が先発美馬投手を攻略できず、

迎えた6回に巨人は3番阿部捕手の打球が

美馬投手を直撃するアクシデントでチャンスを作るも

2番手レイがこのピンチに4番村田選手を抑えると、

7回は三者凡退、8回こそ代打矢野選手にホームランを打たれたものの、

最後は3番手斉藤投手が抑えて東北楽天が仙台行きの切符を手にし

田中投手の待つ仙台へ戻れる権利を手にした。

これで巨人は日本一の為には無敵のエース田中投手を攻略しなければならなくなり

東京ドームで一転窮地に陥る事になった。
巨人としては先行しておきたかった3戦目は杉内投手の誤算が全てだったという事になる。

東北楽天としても6回までが勝負という事を仙台で散々痛感していた訳であり、

序盤からリードを奪おうと必死だった。

それに対して巨人はホームに戻ってきた事で油断があったのかもしれないし、

田中投手以外の投手を低く見積もり過ぎたかもしれない。

とはいえチャンスが無かった訳じゃなくそのチャンスを活かせなかった打線の差が

この試合の差でもあった。

ただ東北楽天も2回以外では8回に1点取っただけなので

必ずしもチャンスを全て活かし切れている訳じゃないので

2回を除けばそれほど気を落とす事は無い。

投手陣も負けている時の投手以外は投入しなかったので

多くの投手をシリーズで登板慣れさせる事はできた。

確かに巨人にとっては第6戦以降まで持ち込まなければならなくなったが

必ずしも不利になった訳じゃない。

杉内投手がリベンジできるのは第7戦だ。

そこまで持ち込めた場合は汚名返上の投球を見せてほしい。

第4戦は巨人がホールトン、東北楽天がハウザーが投げ合う。

果たして巨人はここでタイに持ち込めるのか?

見逃せない第4戦だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。