27日ドラマ「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第3話を視聴した。

今回は七瀬にロイドがアンドロイドである事を伝えた麻陽だったが、

逆にロイドに七瀬を殺すと宣言され、

麻陽は生前黎士が言っていた言葉を思い出して先を読んで行動してロイドの行動を阻止する。

そして自らの命を守る事を前提としている事を逆手にとって七瀬を殺さないように従わせる。

一方ロイドは麻陽の家に転がった事で電気を使えず不便を被る。

ロイドを破壊しようとしたが逆にDVで警察に連行される。

しかし留置所の中でも麻陽を襲う状況であり、ロイドは何時も麻陽の身近にいる。

一方刑事の葦母はロイドが普通の人間じゃないと睨んで捜査を続ける。

しかし証拠を掴む前に取り逃がしてしまう。

そして麻陽の前に七瀬が訪れるも七瀬は送り込まれた刺客で

ロイドはその刺客を麻陽から守り通した。

そして七瀬から100年後からのメールを黎士がやり取りしていたらしい

という連絡を受けるシーンがメインだった。
ストーリー

刑事の葦母の尋問がきっかけとなり、

周囲にロイドを黎士だと偽ることになってしまった麻陽。

だが、黎士の妹・七瀬にだけはどうしても嘘を突き通せないと

麻陽はロイドのことを話してしまう。

そんな麻陽にロイドは「(自分の秘密を知った)七瀬を殺す!」と言い放ち、

麻陽の前から姿を消してしまう。

七瀬の身を案じた麻陽がすぐさま東京帝國大学に駆けつけると、

案の定、ロイドは七瀬を抹殺すべくすでに構内に侵入し、

七瀬に襲い掛かろうとしていた。

その一方で麻陽とロイドは一つ屋根の下、

一緒に暮らすことになり二人の奇妙な生活が始まる。

充電に莫大な電力を費やすロイドに家中の電力を独占され、

麻陽は日常生活に支障をきたし、ロイドの存在に苛立ってくる。

麻陽は文句を言っても取り合わないロイドを破壊しようと襲い掛かるが、

警察に踏み込まれ、婚約者へのDV容疑で警察へ連行されてしまい…。

以上TBS「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」HPより


今回は黎士がロイドだと七瀬に教えた麻陽だったが、

ロイドが七瀬を殺すと言われ麻陽は途方に暮れる。

一方ロイドに狙われた七瀬は逃げようとするもロイドに追い詰められてします。

しかし麻陽が黎士の言葉を思い出して未然に防ぎ、

七瀬の命を狙おうとするロイドに対しては七瀬を殺したら

私も死ぬとクライアントの依頼を逆手に取った行動をする。

それにより七瀬の命をロイドは狙わない事を約束したが、

七瀬はこれによってどうしたら良いのか迷う。

確かに黎士がロイドとわかってしまうと気持ちが動揺するものだ。

そして麻陽とロイドは麻陽の部屋で共にすることになったが

電力を大量に使うロイドのために麻陽は不便な思いをする。

それに怒った麻陽はロイドを破壊しようとするがサプリにロイドをDVしていると

警察に通報されて拘置所で1夜を送る事になったが、

そこにも麻陽の魔の手が忍び寄っていた。

ロイドは何処でも入り込めるらしく拘置所の中でも麻陽の側を離れない。

一方ロイドの正体を追う刑事の葦母はかつて麻陽の会社に勤務する

左京子の父親をかつて捕まえた事があるらしい。

これはこれからの展開にどう影響して行くのか注目したいところだ。

しかし麻陽の近くに忍び寄ってきた刺客に再び襲われるが

再びロイドが撃退したものの、

かつてロイドが暗殺アンドロイドである事を刺客を通じて知る事になる。

一方七瀬から黎士が100年後のクライアントとやり取りしていたメールが発見された。

果たして黎士は100年後のクライアントとどんなやり取りをしていたのだろうか?

次回はそれらの謎に迫るシーンに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。