26日プロ野球日本シリーズ2013東北楽天対巨人第1戦がクリネックスタジアム宮城で行われ、

0対2で巨人が1番長野選手のタイムリー、4番村田選手のホームラン、

レフト亀井選手のファインプレーで東北楽天に最後までホームを踏まさず勝利し、先勝した。

試合は東北楽天則本投手、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、

4回まで両チームともチャンスを作っても得点できずに迎えた

5回巨人は1死1,3塁から1番長野選手のタイムリーで先制するも

その後が続かず1点止まりになった。

東北楽天もチャンスを広げようとするがチャンスを広げられず潰してしまう。

内海投手は6回まで1回を除いて全て走者を出したものの無失点に抑えた。

7回から2番手マシソンが上がるもピンチを招いたが2番藤田選手を三振に抑えると、

8回に巨人が4番村田選手のホームランでリードを広げるが

その裏東北楽天は2アウトから連続ヒットでチャンスを広げるも

7番松井選手の打球はレフト亀井選手のファインプレーで抜けず得点できない。

9回には抑えの西村投手がピンチを広げるも

最後は3番銀次選手を抑えて巨人が追い込まれながらも逃げ切った。

これで巨人は連覇へ向けて貴重な1勝目を上げて無敵の田中投手攻略に挑む!
このシリーズは田中投手以外の投手で勝つ事ができるか?

が巨人にとって連覇のカギを握る訳であり、

正直初戦に田中投手が出てきたらどうしようか?

という状況だったが、

第2戦に回した事で初戦はエース内海投手が田中投手との対戦を回避する事ができた。

これは考え方なんだけれど、シリーズで4つ取るためにはどうすべきか?

と考えた時に巨人は内海投手、菅野投手、杉内投手、ホールトンか宮國投手が

スタンバイすれば良い。

しかし東北楽天は田中投手以外では則本投手に続く投手に不安を抱えているので

通常だったら田中投手に1戦目に登板させ、

場合によっては中3日で第4戦に登板できるチャンスを作った方がよかったのではないだろうか?

それなら最大3試合先発可能だった訳であるし、

屋外球場なので中止の可能性もあった訳だが、

これによって田中投手が投げるのは2試合が限界になった。

そうでなくてもリリーフ陣ではマシソン、山口投手、西村投手の3枚が控えているので

東北楽天に残されたチャンスは6回までしかない。

対して東北楽天はリリーフ陣に不安を抱えるだけに

私だったら第1戦は田中投手に任せた。

そう考えると第1戦で巨人が取れた事は非常に大きい。

随所に巨人はピンチを亀井選手のファインプレーやロペスの効判断のプレーでピンチを防いだ。

特に5回と8回のプレーは1つ間違えば失点につながったプレーだったので

2人のプレーがチームを救った。

ただ則本投手も8回2失点ながらルーキーとは思えない堂々とした投球だった。

内海投手も2回以降ピンチの連続だったが

さすが2年連続最多勝の経験ある投手!

ホームを与えなかった。

これで巨人は2戦目で田中投手とプレッシャーなく戦えるだけに

ここで攻略すればこのシリーズ間違いなく巨人が主導権を握り東京ドームで決着させるだろう。

それゆえに第2戦のカギは田中投手がどこまでマウンドに上がり続けるか?

マシソン、山口投手、西村投手は1度登板しているのでリードを広げられたら

温存しても構わないと思う。むやみに勝てない投手相手に

勝ちゲームの投手を使う必要性もないし、

逆に長いイニングを投げさせるという考え方もある。

全ては田中投手が登板中は攻略は厳しいと考えれば良いだけだ。

第2戦は果たして巨人が田中投手を攻略できるのか?

注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。