24日2013プロ野球ドラフト会議が行われ、

注目された桐光学園の松井裕樹投手は、

北海道日本ハム、東北楽天、横浜、中日、福岡ソフトバンクの5球団の競合の末

東北楽天が交渉権を獲得した。

それ以外では北海道日本ハムが抽選で3度外すという事態も起こるなど

例年にない不作の年となった。

巨人は石川歩投手を狙ったものの千葉ロッテとの抽選で外し、

阿部慎之助捕手の後継者として小林誠司捕手を指名した。

これでドラフト会議は終了し松井裕樹投手以外には

これという選手がいなかったドラフトとなった。
今年のドラフトは松井裕樹投手に尽きるドラフトになった感じですね。

確かに他の選手を見回しても今年は注目される選手が少なかったように感じます。

それでもそういう年の選手がこれから頭角を現していくケースもあり、

必ずしも注目されなかったからと言って活躍できないという事はありません。

そして注目されていた松井裕樹投手は東北楽天に決まりました。

個人的には田中投手が来季MLBへ移籍する可能性が高いだけに

東北楽天としてはこれからのスター選手並びにエースになれる投手がほしかった事を踏まえると

1番いいクジを引けたと思います。

実際にプロでスライダーがどれだけ通用するかはこれからですが、

藤波投手の今季の活躍を考えると十分1年目から先発に定着すれば

2桁勝利は狙えるのではないでしょうか?

そして巨人は阿部捕手の後継者として小林誠司捕手を獲得しました。

いずれは阿部捕手が1塁に回り、

小林誠司捕手が正捕手になる時が来ると思いますが

捕手はなかなかレギュラーに定着するのが難しいだけにどう起用して行くのか?

というのがある意味楽しみな部分ではあります。

いずれにしてもドラフト何位で入ってもスタートラインは一緒です。

ここからどれだけの選手がレギュラーを獲得して活躍して行くのか?

楽しみに見守りたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。