16日セントラルリーグクライマックスシリーズ13ファイナルステージ第1戦

巨人対広島戦が東京ドームで行われ、

3対2で巨人が村田選手の決勝タイムリーで競り勝ち対戦成績を2勝0敗として

日本シリーズ出場に大きく前進した。

試合は巨人先発内海投手、広島先発大竹投手の投げ合いで始まり、

2回に広島が1死2,3塁から8番石原捕手のサードゴロを

ホームへ投げた村田選手の送球が走者に当たってファウルゾーンを転々としている間に

広島が2点を先制した。

しかし巨人は4回に7番ロペスの犠牲フライで1点差としたものの

代打石井選手が三振に倒れチャンスを活かし切れない。

こう着した中迎えた6回巨人は6番坂本選手のホームランで試合を振り出しに戻すと

7回には4番村田選手の汚名返上のタイムリーで勝ち越した巨人は

7回以降3番手山口投手、4番手マシソン、最後は抑えの西村投手が抑えて

巨人が大事な初戦を取り2勝0敗とした。

これで巨人は接戦を制して2勝とし

日本シリーズ進出へ関門の前田健太投手との対決に挑む。
史上初の5割を割ったチームに日本シリーズ出場権を与える訳に行かないだけに

10勝投手4人を有する広島相手には先発投手の出来が大きく左右する。

ここで先発投手が打たれると苦しい展開になるだけに

そこをどう避けていくかがこのシリーズのポイントとなる訳だけれど、

巨人はリリーフに澤村投手を回した事によりロングリリーフができる投手が1人いるのが大きい。

これによって先発内海投手を4回に代打に送ったが

これによって内海投手を中3日で登板可能な状況にした事も第5戦まで縺れたら大きくなっていく。

確かに澤村投手を2イニング使った事で翌日の試合での起用は難しくなったが

それでも澤村投手が5回から登板できるというのは

7回から山口投手、マシソン、西村投手を控える巨人としては

早い回で代打を送る結論ができる。

休みなしで戦うクライマックスシリーズではこういう戦い方も1つの方法論として考えて良いと思う。

やはり3回以降広島に追加点を許さなかった事がこの試合の勝因だ。

チャンスを潰した事で試合展開を苦しくしたが広島も投手陣は良いので

リードを許すと簡単には逆転は難しい事をリーグ戦でも痛感しているので

初戦を取れた事は巨人にとってアドバンテージを活かした戦いを展開できる事になった。

第2戦は前田健太投手が中4日で登板してくるだろうから

ここで王手を掛ける事ができるか?

シリーズを左右する事になるだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。