16日サッカー国際親善試合日本対ベラルーシ戦がトルペドジョジノスタジアムで行われ

0対1で敗れて大きな収穫が無い中マンネリした試合展開に危機感が募った。

試合はセルビア戦と同じメンバーでスタートし

日本が相手を崩しに掛かるも中央を固めるベラルーシゴールをなかなか破れない。

そんな前半終了間際にベラルーシはMFチゴレフのロングシュートが決まり

1点ビハインドで折り返す。

後半日本は3バックにして反撃に転じようとするが

尽くベラルーシの守備陣に跳ね返され次第に反撃の手が

手詰まりとなり結局最後までゴールを破る事なく終了した。

これでザックジャパンは8月からの5試合で

2勝3敗とレギュラー組の改善がほぼないまま11月の強豪オランダとの対戦を迎える。
セルビアに敗れたのは仕方ないとしてもベラルーシに敗れるようでは

やはり今のままでは行けないという警告を突きつけられたと言わざる得ない。

確かに5試合で2勝3敗という数字は芳しくないとはいえ、

その内容を考慮するとホームの3試合でウルグアイは強豪なので仕方ないが、

次のホーム2試合でレギュラーとそれ以外の一部を試した格好で挑み

中途半端な相手に対しての勝利だ。

そして迎えたアウエーのセルビア、ベラルーシ戦はアウエーで今の実力が

どれ程なのかを試される試合だったが、

この2試合で厳しい現実を突きつけられたと言わざる得ない。

1番の問題はホームの試合に慣れ切ってしまった事だ。

サッカーではホームとアウエーで同じ戦いをできるのは

トップ10の強豪位でそれ以外はホームとアウエーで同じ戦いは困難だ。

それをアウエーでもホームのような戦いを展開しようとした

日本はまだそれだけの力が無いという事になる。

自分たちは強くなったと勘違いしてしまった部分だが、

この2試合はその目を覚ますには良い2試合だったと思う。

まず今日の先発メンバーだけれど

GK川島

DF

右SB内田 CB吉田 CB今野 左SB長友

ボランチ 長谷部 遠藤

右SH岡崎 トップ下本田 左SH香川

FW柿谷

FWが常連だった前田から柿谷に代わった位でそれ以外は何時ものメンバーだ。

今の日本代表の課題はセンターラインの守備であり、今のメンバーのままではまず克服は難しい。

その意味でもCBとボランチのテコ入れが必要なはずだ。

個人的にはJ2でプレーする遠藤と今野を選ばなければ

ここに自然と2席使えるポジションが生まれる。

今野がいなければ森重、遠藤がいなければ細貝、もしくは山口、

あるいは本田をボランチで起用してトップ下に香川を回し、

清武、乾を起用することだって可能だ。

岡崎そのものを悪いとは言わないが連携面で2列目に清武、香川、乾を入れて

スタートするというプランがあっても良いと思う。

そこに1トップに柿谷、ハーフナーとの組み合わせを考慮して起用する。

まずメンバー構成として斎藤学を読んだ意味が全く分からない。

このポジションには既に岡崎、香川の後に清武、乾が控えており

むしろ2人を起用すべきであり、斎藤学を起用するポジションはまずない。

強いて増員するなら1トップを柿谷、ハーフナー以外にもう1人招集するべきだった。

それなら3つの選択肢の中で異なった3人のチョイスができる訳で、

この方が決めてを欠いて本田を1トップで使っているよりも

よほど収穫を見出せるのではないかと思う。

タイプ的に身長が低く空中戦要員に成り得ない大久保、佐藤寿人は外れても、

渡辺千真、川又堅碁、豊田陽平の3人については柿谷とタイプが違って

1トップでのプレーもできる選手だ。

3人の内1人でも斉藤学に代わって招集した方が

起用されなくても様々な展開に対応できたのではないか?

そしてCBについても伊野波は所属チームでもそれほど活躍できておらず

むしろ他のチームのCBを召集すべきだったのではないか?

サイドバックは既に内田、長友、酒井宏樹、酒井高徳の陣容は固まっているが、

事CBについては吉田、今野の次がいまだに定まらない。

現状森重が選ばれ起用されているが、森重は良い。

しかし伊野波はどうだろうか?高さあるCBではないからね。

これまで栗原が常連だったが既に外され、

水本、鈴木大輔、槙野もいまいちと来てしまっている。

難しい人選ではあるものの今野以外に人選をした方が良いのは確かだ。

現状誰が適任なのか?これまでの候補者の中から再び探すか?

それとも初召集の選手を選ぶかはまだ課題がある。

ボランチについては長谷部、遠藤のコンビをそろそろ解消しなければならないだろう。

もうこのコンビで6年やってきているだけに

特に遠藤の控えが現状いないと見られてしまっている。

というより遠藤がいるから他の選手が使えないという側面もある。

代表に選んでおくのは間違いではないが選ぶに当たり時として

控えスタートを考える時に来ていると思う。

既に33歳の遠藤に90分以上プレーを求める事そのものが難しいのではないだろうか。

選んでしまうから使ってしまうのなら11月の遠征では選ばず

他の選手を使うようにした方が色々試せると感じている。

いずれにしても今のままではいけない。

まず遠藤、今野を外してから新戦力を使うという決断がザックに求められている。

次の11月遠征でそれができるだろうか?

決断の時は近い。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

サッカー日本代表 2014カレンダー
INC. c2009JFA cJ. LEAGUE PHOTOS
エンスカイ
2013-10-23