12日セントラルリーグクライマックスシリーズ13ファーストステージ第1戦

阪神対広島戦が阪神甲子園球場で行われ、

1対8で広島がエース前田健投手の好投に打線が応えて

先勝しファイナルステージ進出へ王手を掛けた。

試合は阪神先発藤波投手、広島先発前田健投手の投げ合いで始まり

3回まで両チーム無得点で迎えた4回広島が5番松山選手のタイムリーで先制するが、

その裏阪神は6番今成選手のタイムリーで同点に追いつく。

しかし5回に広島が4番キラの3ランで勝ち越すと先発前田投手は7回まで1失点に抑え、

9回に広島が1番丸選手、代打岩本選手の3ランで試合を決めた。

これで広島はファイナルステージ進出に王手を掛けて第2戦に挑む。

いよいよ始まったクライマックスシリーズだけれど

短期決戦故に初戦を取るか取らないかで大きな差となってくる。

その初戦を任されたのが阪神はルーキー藤波投手、

広島は前田健投手だったが、さすがに経験の差が大きかった。

お互い初めてのクライマックスシリーズだけれど、

前田健投手はこれまでWBCという大舞台で登板経験があり

短期決戦の難しさを経験していたが、藤波投手はプロではこれが初体験だ。

その差が試合に現れた格好だ。

広島はこれが初のクライマックスシリーズ出場だったが

前田健投手の好投が初舞台で臆することなくプレーできた要因かもしれない。

第2戦は後のない阪神が逆襲してくるのか?

阪神の踏ん張りに期待したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。