9日ドラマ「ダンダリン 労働基準監督官」第2話を視聴した。

今回は飲茶カフェチェーンで働く女性店長が社長から

セクハラをされていると訴えてきたがこの管轄は労働局なので

ダンダリンは最初は労働局へ行くようにと案内したものの

やはり黙っていられる性格ではなくその店の社長を締めに行く騒動を起こした。

しかしその店では店長とは名ばかりの何の権限もない

労働実態を感じたダンダリンは夜通ししてその店の実態を調査した。

そしてその女性店長が夜中のお店で1人で16時間労働している事を確認した

ダンダリンはこれは労働基準局の管轄という事で内定調査を提案し

これに小宮が賛成すると周りが相次いで賛成し、

内定調査を開始し、そしてそこで判明した各店舗の店長には

何の権限もなく管理職として労働されている事を確認された。

そしてダンダリンらはこの会社の労働実態調査に入り

この会社に対して過去2年間の残業未払い5000万の支払いを勧告し

店長から店長の権限と役割を知り、

そしてボーナスが出た事を感謝されたシーンがメインだった。
ストーリー

働く人を守るルールを遵守するためには曲がらない、融通の利かない女、

労働基準監督官・段田凛(ダンダリン)が、

労基の管轄外である“セクハラ”を救うために立ち上がる!?

ペアを組むことになった南三条をますます悩ませる、凛の第2ラウンド!

飲茶カフェチェーンの店長・花枝が、

社長からのセクハラを訴えて労働基準監督署にやってきた。

セクハラは労働局の管轄だからと花枝を帰してしまった凛の姿に、

土手山らが安心したのも束の間。

南三条と外回りに出かけた凛は、ランチを口実に花枝が働いている店へ。

そこで花枝の会社の社長である椎名を相手に暴れてしまい、

またまた土手山から激怒されるが、

凛は諦めるどころか残業にかこつけて夜を徹しての独自調査を開始。

仕方なく、南三条も凛に付き合うことに…。

調査の甲斐あって、凛は花枝が“名ばかり管理職”であることを確信。

翌日の会議でチェーンの全店舗を対象にした大規模な内偵を提案するが、

署長の真鍋の反対に遭い…!?

以上日テレHPダンダリン 労働基準監督官より


今回は名ばかり管理職がテーマだったけれど、

確かにこれはどの会社でも行われている実態と言ってしまえばそれまでだけれど、

そもそも管理職は権限を持ちかつそれ相応の給料が

支払われて初めて成立するものという事を知らない経営者が実に多い。

無理もないが経営者はいかに安い賃金で労働者をコキ使う事しか考えないし、

1人で何人分の仕事ができるなら本来3人必要なところを1人にする事すら考える。

それが経営者の実態だ。

その仕事に対してどれ位の人数が適正か?

というのは見方次第だが今の多くの会社は本来必要な人数を掛けずに

1人の労働者に数人分の仕事を求めるのが現状だ。

それを回避できている人とそうでない人がいる訳で事私は・・・

そうでない人になると感じているんですけれどね・・・

と私は他の方には言われましたが、

確かに貰えるものなら貰いたいですが、

現状貰える見込みはないものを求めても

仕方ないので仕事量に対して給料分の仕事だけは

確実に消化すればあとは仕方ないとは思っています。

本来数人分の仕事を1人で何とかしろというのは土台無理な事ですからね。

という事でまず自分の給料に対して仕事量が適正かどうかを

色々と情報収集して認識する事が必要ですね。

そして名ばかり管理職ですが、本来店長はその店を統括する役割です。

チェーン店であるならその店で1番の権限がないといけません。

しかし現状はバイトと同じ状況というのが少なくありません。

これは特にバイトを入れる飲食店が多く、

あるハンバーガーチェーンで問題になりましたね。

それ以上に今回のケースですがまず店長の花枝さんは

労働基準局にセクハラで駆け込んでいます。

本来はここで駆け込むところを間違う所で店長の役割と社会の仕組みを

理解していなかった事になります。

店長という俄然とした目標はあったと思いますが、

実際になってみると店長の役割を理解していなかった・・・という流れです。

店長は野球やサッカーで言えば監督ですからね。

監督=店長はバイトや一般社員にそれぞれ役割を指示して機能させる必要がある訳です。

率先して周りと同じ事をするのは構いませんが

本来の役割を理解する必要があるでしょう。

そして今回気になったのはダンダリンと南三条に

16時間の残業代が支給されたのか?という部分も密かに気になります。

私も過去夜通しして仕事をした経験があります。

これはさすがに止めた方が良いですね。

数日きついです。

私は下級管理職(一般事務)なのでそんな残業代出ませんけれどね。

良いんです!

その労働条件に納得して働いていますから断っておきます。

そしてダンダリンの申し出に小宮が賛成した事で周りが

賛成するというやはり可愛い女性が賛成すると周りも賛成するという図式は鉄板ですね。

そして各店舗で店長の実態が判明した事で

労働基準局管轄として是正勧告をこの会社に通達し

過去2年間の残業費未払い分を支払う羽目に合うのだった。

やはり労働者にはそれに見合った賃金を支払う事が必要です。

残業費を支払わないならそれなりの給料を経営者は

支払った方が自らの首を絞めない事を示した回だった。

次回は工務店の作業現場で転落事故が発生しその労働基準違反について調べ始める。

果たしてこの作業現場での労働基準違反とは?

その違反に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。