15日ドラマ「半沢直樹」第9話を視聴した。

今回は半沢は近藤からタミヤ電機の迂回融資の件を知り、

大和田常務を追い込む切り札となるカギを手にする。

しかし半沢は金融庁検査を乗り切るための唯一という秘策を

伊勢島ホテルの社長の決断に賭ける。

その間半沢は決定的な切り札となる調書を隠していた。

それを金融庁に見つからない様に隠していた。

そして金融庁検査当日半沢は黒崎に攻められるも、

半沢は直前で伊勢島ホテルは外資資本と対等な合併を成功させて黒崎は肩を落とすも、

黒崎は隠している調書が地下室にあるという情報を入手して調べるも

その地下室からは見つかる事は無く黒崎は完全敗北で後にした。

そして近藤はタミヤ電機社長から大和田常務から受け取った

お金を回収するために調書を作るも、

その直前に大和田常務に捕まり近藤は

大和田常務の条件を受け入れてしまうシーンがメインだった。
ストーリー

近藤が知ることになったタミヤ電機を舞台にした迂回融資事件。

タミヤ電機を隠れ蓑にし、3千万円もの融資を受けていたのは、

何と大和田常務の妻・棚橋貴子が経営する会社だった。

半沢は大和田に突きつける証拠として、田宮社長の証言を取るよう近藤に依頼をする。

一方の金融庁検査では二日後に迫った最終聞き取り調査を前に、

半沢は驚きの秘策を用意し、湯浅社長の説得を試みることに。

しかしその内容は、100年以上続く歴史ある伊勢島ホテルにとっては、あまりに大きな決断であった。

そんな中、近藤はついに田宮社長の証言を取ることに成功。

半沢たちが大和田常務を追い詰めるのに十分な証拠であったが、

合流を待つ半沢と渡真利のところへ、近藤は一向に現れない。

近藤の身に一体何が起こったのか─。

以上TBS半沢直樹HPより


今回は追い詰められた半沢だったが近藤から大和田常務を追い詰めるカギを見つけて

この危機を乗り切る最終手段に打って出る。

それは伊勢島ホテルを外資の傘下に入る事だった。

条件は対等な合併という事だが、このご時世それ以外に逃れられる道が無いのも事実だった。

そして半沢は伊勢島ホテル社長に唯一の手段の決断を促して信じる事にした。

経営者としてどうしたら会社を救う事ができるのか?

という部分で最終的には社長の決断1つに掛かっている訳で

社長の決断の重さを感じるシーンだった。

そしてその間に半沢は最後の一手のために入念な仕込みをするのだった。

そして金融庁検査当日半沢はは黒崎から一方的に責められるものの、

責められ続けた半沢は最後になって反撃に転じて

伊勢島ホテルは外資の資本に入り、

システムも既存のシステムを使う事でこの事態を解消する事が確定し

黒崎に倍返しを食らわせた。

しかし黒崎も半沢が隠している資料を掴んでおり隠しているはずの部屋に向かった。

しかしその部屋には資料は存在せず黒崎は半沢の前に崩壊した。

半沢は見事に金融庁検査を乗り切ったのだった。

そして今度は大和田常務を追い込むために近藤からタミヤ電機社長を説得し、

そこで半沢に資料を手渡そうとしたが半沢に会う前に大和田常務に捕まってしまい

銀行に復帰できる事を条件に資料を渡すように迫られ資料を渡す事に同意してしまう。

これでカギを失いかけた半沢は果たして大和田常務を追い込む事ができるのだろうか?

最後の100倍返しに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。