10日巨人対横浜戦がハードオフエコスタジアムで行われ、

2対1で巨人が阿部捕手のホームラン、

ロペスの勝ち越しタイムリーを守り切り内海投手は12勝目を上げた。

新潟での試合では滅法強い巨人が今年は3試合3勝という圧倒的な成績で

内海投手は新潟で2勝を上げる活躍を見せてくれた。
5月以来の新潟での巨人戦だったけれど、

5月の時は横浜主催ゲームという事もあったが

土日という事で多くのファンが駆けつけたが

やはり主催ゲームが巨人だと力の入れようがさらに違う。

やはり巨人ファンにとって巨人のホームゲームで観戦するのは気分が良いものだ。

平日にもかかわらず2万以上の人が集まったエコスタで

巨人は相性の良さを発揮してくれた。

多少ヒヤヒヤしたけれど勝ったゲームをレビューしたい。

試合開始からはさすがに観戦できませんでしたけれど2回から観戦しました。

giants20130910(01)


giants20130910(02)


giants20130910(03)


この試合は先発内海投手、三浦投手が3回までノーヒットで試合展開が実に早かった。

giants20130910(04)


giants20130910(05)


それだけ2人の投手の調子が良かったんですけれど、

この均衡を破ったのが阿部捕手のホームランでした。

このホームランが両チーム初ヒットというこういう試合ほど

ホームランで均衡が破れる典型でした。

しかし横浜も5回に4番ブランコの流し打ちのライナー性のホームランで

すぐに同点に追いつかれてしまいます。

その後内海投手は6回から3回連続先頭打者に安打を許す苦しい投球が続きました。

7回に明暗が分れました。横浜は5番中村選手が出塁すると代走を送りました。

まだ7回だった事もありこの采配は少し早かったと思います。

そして三振、盗塁失敗と完全采配が裏目に出ました。

一方巨人も1アウトから由伸選手が出塁し

走塁のスペシャリスト鈴木選手を投入します。

ここで次の坂本選手はフライに倒れますが、

ロペス選手の時に鈴木選手が盗塁を見事に決めます。

そしてロペス選手がタイムリー2ベースを放ち見事に逆転に成功しました。

作戦を活かした巨人、活かせなかった横浜の差がここにありました。

巨人も最終回まで苦しいシーンが続いたものの

最後は抑えの西村投手が1死満塁のピンチを招いたものの

抑えて巨人は新潟での3試合を3勝で今年の新潟シリーズを終えました。

giants20130910(06)


新潟シリーズが復活して4シーズンになりますけれど、

4シーズン通算成績は11試合で9勝1分1敗勝率9割と

地方球場では断トツの強さではないでしょうか?

その前も殆ど勝っていた訳でまさに巨人にとって新潟は

毎年来ても採算と勝利が獲れる球場の1つです。

毎年美味しい料理を食べる事が選手たちの楽しみらしいので

また来年も3試合ほど開催してほしいところです。

giants20130910(07)


giants20130910(08)


giants20130910(09)


giants20130910(10)


ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。