8日ドラマ「半沢直樹」第8話を視聴した。

今回は金融庁検査を乗り切るために伊勢島ホテルの社長に

会長の絵画などを売却させて凌いだ半沢だったが

今度はITシステム会社の経営破たんするという情報を黒崎から伝えられて

再び窮地に追い込まれた半沢は大和田常務に土下座して

伊勢島ホテルの担当を何とか続けるも半沢の出向は時間の問題だった。

そんな中で半沢は近藤のの相談に乗りながらも

自らの打開策を模索していたがそんな中次の担当に内定している

福山との金融庁模擬検査の一騎打ちをしなければならなくなる。

模擬検査当日まで半沢は様々な情報網を駆使して調べると

ITシステム会社の破たんは間違いないという事になり抜本的な見直しに奔走する。

そんな中で迎えた模擬検査の攻防では半沢は窮地に追い込まれるも

福山が伊勢島ホテルの社長と専務に1度も面識のない事の盲点を突いて

人と言う福山を責め立てて

半沢はさらに伊勢島ホテルに関わった人たちの繋がりについても追及してその場を凌いだ。

一方近藤はその頃不正の行先が大和田常務との繋がりに辿り着くという

半沢に微かな光が差したシーンがメインだった。

ストーリー

金融庁検査を乗り切るため、伊勢島ホテル社長の湯浅に、

先代社長であり自身の父でもある会長の更迭と資産の売却をさせた半沢。

これで伊勢島ホテルが出した120億円にも及ぶ運用損失の穴埋めが実現し、

不良融資先として分類されるのを回避出来たかに思えた。

しかし金融庁検査の最中に、再建の柱ともなるITシステムを構築中の外注先、

「ナルセン」が破綻するとの情報が黒崎からもたらされた。

ナルセンが破綻すると、これまで費やしてきた110億円以上もの投資が損失となってしまい、

伊勢島ホテルは再び窮地に追い込まれる。

事態を重く見た銀行幹部は、

半沢を伊勢島ホテルの担当から外す方向で話を進めようとする。

食い下がる上司の内藤に対し、

大和田常務は本番の金融庁検査の前に模擬検査を行うことを提案。

大和田の息のかかった融資部の福山啓次郎を半沢の後任候補とし、

模擬検査で一騎打ちをすることになった。

一方、出向先であるタミヤ電機の不正を追い続ける近藤は、

会社から他の会社へ不正に貸し付けられた3千万円の資金の行方を追ううちに、

信じられない事実を目にすることになった─。

以上TBS半沢直樹HPより


今回は半沢は1度は凌いだ金融庁検査を今度はその打開策である

ITシステム開発会社の破たん危機により再び窮地に追い込まれてしまう。

一方そんな中で大和田常務は半沢外しに動き出す。

その急先鋒として半沢の後を任せようとする福山を送り込む。

半沢は1度は土下座で打開策を再び模索し始めるが

そんな中でITシステム会社が情報網から裏組織との繋がりを察知し

ここを切って対処しなければならない事が判明する。

半沢はこのピンチの前に大和田常務から提案された模擬検査を受ける事となる。

ただですら追い込まれている半沢にとって絶体絶命のピンチが続く。

一方そんな中で同期の近藤の相談に乗ってもいた。

近藤は出向先で不正が働いている事を察知して

その不正の調査を進めるもこちらもある影が忍び寄っていた。

そして半沢が迎えた模擬検査で最初は一方的に攻められてしまうも

その攻めが終わると今度は半沢からは反撃が始まり

半沢は福山が1度も伊勢島ホテルの社長と専務にあった事のない

福山に専務が株で失敗した事を知らない事を突き

福山の空論を見事に潰してみせた。

その頃近藤は不正先である会社を調べていると

その先には半沢の倍返しのカギとなるキーマンに辿り着いたのだった。

やはりこの先には大和田常務が絡んでいた事を突き止める結果になったが

ここから半沢は情報網を駆使して大和田常務に反撃を仕掛けるカギを手にした。

次回は大和田常務の出向準備を前に半沢は起死回生の挽回策に奔走する。

果たして半沢に反撃するチャンスはあるのか?

その攻防に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。