8日大河ドラマ「八重の桜」第36話を視聴した。

今回は八重は槇村の指示により女紅場から解雇を通告される。

納得いかない八重は抗議するが槇村は八重にキリスト教の男と

結婚する事で快く思わない者たちが多くこれ以上雇えないと告げられる。

これ以上雇用を継続されたければキリスト教には入信しない事を宣言しろと言われる。

この件では覚馬も関わることができず八重自らが1人で考える事にした。

そして八重は期限当日に襄の行く先を信じると宣言して

女紅場を去る決意を生徒たちに告げる。

一方襄もまた学校設立に向けて奔走し授業に聖書に英語で記載されている教えを

これからのやり方の中に取り入れる事で授業に取り入れる事で

学校設立を認めさせて覚馬は西洋の教えはキリスト教が含まれる事を説き伏せた。

そして八重は襄と日本初のキリスト系の結婚式を上げたシーンがメインだった。
ストーリー

襄の求婚を受け入れた八重。

しかし槇村は、キリスト教徒である襄と婚約した八重を女紅場から解雇しようとする。

キリスト教に入信しないことが雇用継続の条件と迫る槇村に、

八重は夫の考えを認めて支えていくことを宣言。

そして、教え子たちに後ろ髪を引かれながらも女紅場を後にする。

一方、中央政界から離れた西郷は、薩摩に戻る。

彼が地元で開いた学校には、

職を失ったことで日本のありように不満を持つ士族たちが集うようになる。

1875(明治8)年11月、ついに襄の同志社英学校が開校。

その翌年1月、デイヴィス邸で洗礼を受け結婚式を挙げた八重と襄は、新しい生活を始める。

以上NHK大河ドラマ「八重の桜」HPより


今回は八重は襄と結婚を決めた事に風当りが強くなり

槇村もさすがに庇い切れず八重を女紅場から解雇する事を通告する。

しかしこれに納得できない八重は抗議するがどうしても続けたければ

キリスト教には入信しないと公式に宣言する事が条件だと付き付けられる。

この件は覚馬でも相談する事ができず八重自ら1人で考えなければならなかった。

しかしそんな中で襄は学校設立のために奔走する姿に八重は自らはどうすべきか?

という事を悟り八重は今回の解雇を受け入れて

襄が設立する同志社で生徒たちを教えていく事を決意する事を決めて

女紅場の生徒たちに最後の別れを告げたのだった。

その志に襄も受け入れてこれから続くであろう困難も

八重となら乗り越えていけるという事を感じた。

そして同志社英学校を設立し8人の生徒からスタートする。

授業の内容はキリスト教の聖書の項目にある内容を教えていく事で

今回の聖書を教えるという問題をクリアして

襄は同志社としての第一歩を八重と共に歩み始めた。

次回は同志社に数多くの生徒が集まり出すがそこで教える事に問題が発生する。

果たして八重はこの問題にどう向き合っていくのか?

その問題に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。