1日ドラマ「半沢直樹」第7話を視聴した。

今回は金融庁検査に対応するために伊勢島ホテルの経営再建に奔走する半沢だったが、

その前に大阪西支店時代に苦しめられた黒崎が現れ半沢は思わぬ苦戦を強いられる。

しかしそれでも半沢は再建のために様々な手を打ち、

伊勢島ホテル社長から美術館の売却をすれば

120億の融資の回収が可能と進言し伊勢島ホテル社長を説得して

会長を解任して美術品を多数売却する事で120億の回収に成功するも、

そんな中で半沢に再建の最有力だったIT企業が特許で訴えられて

これが破たんすると再建は不可能となる事態に陥り、

そこに大和田常務が登場して半沢を陥れ

半沢は大和田常務に土下座させられたシーンがメインだった。
ストーリー

金融庁検査への対応と伊勢島ホテルの経営再建という、

2つの大きな課題を突きつけられた半沢。

金融庁検査を先頭で率いるのは、

何と大阪西支店へ国税局査察部統括官として査察に入り、

半沢と凌ぎを削った黒崎であった。

黒崎は国税局から金融庁に戻り、

東京中央銀行に対する検査の主任検査官として任命されたのである。

半沢は、伊勢島ホテルが200億円の融資を得るために、

資金運用による損失の事実を隠ぺいする工作を行ったことを突き止め、

その黒幕を探し始める。

同時に伊勢島ホテルを救い、

東京中央銀行が金融庁検査で巨額の引当金を積むことを避けるために、

伊勢島ホテルの聖域とも言われる領域に手を付けることを湯浅社長に進言する。

しかしそのためには、湯浅社長と対立する羽根専務の圧力をかわし、

羽根を新社長に据えようと画策するある人物と闘う必要があった─。

以上TBS半沢直樹HPより


今回は半沢は金融庁に戻った黒崎と再び全面対決をする事となった。

しかし前回と違い今回の黒崎は手強く半沢が預かっている書類の行方を追って

自宅まで押しかけてきた。

しかし花の機転で書類は1度実家に送り、その後再び部下に回収させた。

しかしこれで半沢が資料を持っている事を確信した黒崎はさらに反撃の手を緩めない。

そんな中で半沢も120億の回収するために

伊勢島ホテル社長に会長を解任して美術品の売却をするように迫る。

一族経営の悪しき歴史を変えたいと思う現社長はこの半沢の提案を決断し

父である会長を解任して美術品を売却した事により120億の回収の目途が立った。

しかしその直後黒崎にIT企業の訴訟により破たん危機にある事を告げられると

再び半沢はピンチに陥り伊勢島ホテルに向かうも

そこで待っていたのは大和田常務だった。

大和田常務は先手を打って現専務を社長に昇格させる代わりに

1年間の猶予を黒崎に持掛けていたのだった。

しかし自らの手で再建させようと動く半沢はこの案に反対し

大和田常務に土下座してでも再建させ倍返しを狙うのだった。

次回は大和田常務に土下座した半沢はさらに窮地に追い込まれる。

果たして半沢に逆転する手立てはあるのか?

その反撃に注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。