17日ドラマ「Woman」第3話を視聴した。

今回は小春は迷子になった望海を迎えに行った先で

栞に「お姉ちゃん」と呼ばれてどう言葉を返して良いのかわからなかった。

そんな中後日健太郎が小春のアパートを訪れて

小春が働く時間に望海と陸を預かりたいと言い出す。

小春は最初は戸惑ったが預かり先に困っていた小春は預かってもらう事を受け入れた。

そして数日後小春は病院で精密検査を受けようとするが

最初は高額な医療費の額に1度は断るが考え直して受けることにした。

そんなある日小春は紗千とこれまでのわだかまりを話し合うが

どうしても長きに渡るわだかまりが解消するには難しく、

さらにそこに栞がどうして紗千が家を出たのかを話した事で

小春はその言葉を受けて紗千がどうして家を出たのかを知ったシーンがメインだった。
ストーリー

由季の家から東京に帰ってこようとして

迷子になった望海を迎えに行った小春。

彼女はそこで、同じく望海を迎えに来た栞と初めて会うことになる。

栞に「お姉ちゃん」と呼ばれるも、

小春はどうしていいか分からず、ぎこちないやりとりをする。

後日、小春のアパートを訪れた健太郎は、

小春が働く昼間の時間帯に望海と陸を預かりたいと言い出す。

小春は困惑するが、健太郎の申し出を受け入れることに。

ある日、健太郎が望海と陸を預かって一緒に家で遊んでいると、

紗千が帰宅。

紗千は子供たちに冷たくあたる。

子供たちを迎えに来た小春は紗千と顔を合わせ、気まずい雰囲気に。

健太郎のとりなしで小春たちは植杉家で夕食を食べることになるが、

小春と紗千は言い争いになり…。

以上日テレWomanHPより


今回は小春は迷子になった望海を迎えに行くが

そこで栞が待っていて「お姉ちゃん」と呼ばれて困惑するのだった。

それは父親は違うとはいえ同じ母親の子であるから血縁関係はある。

そんな中健太郎が小春のアパートを訪れて

小春が働いている間望海と陸を預かりたいと申し出る。

小春はこの申し出に困惑するも健太郎の説得もあり預かってもらう事を受け入れた。

まあ望海の一件があったばかりなので小春が頼れる人が

限られている事も決断させた1つだろう。

そして小春はその間に血液検査でさらに検査が必要となった事を告げられ、

その医療費が15000円ほどだと聞かされ検査を1度断る。

医者は国民健康保険から支払われるから良いかもしれないが、

貧困層にとって15000円は大金であり簡単に払える決断ができる金額じゃない。

医者はそれがわからないんですけれどね。

確かに命に代えられないとは言っても医療扶助なしで受けるにはあまりにも大きな負担だ。

そんな中でも小春は検査を受ける事を決める。

そして数日後小春は望海と陸を預かってもらっている

紗千の家へ2人を迎えに行くが紗千は2人の子供に冷たく当たる。

小春とは次第に口論になっていく。

まあ無理もないけれどこれだけ長い期間話す事のなかった

母親と話す事そのものが本当は難しいものだ。

そんな話している中で栞が帰ってきて栞が紗千がどうして家を出たのかを話し出す。

それを健太郎のせいだと健太郎自身は話すが

栞は紗千が小春の父に毎日のように暴力を受けていた事で

家を出た事を告げそれを知らなかった小春は何も言わず望海と陸を連れて家を出るのだった。

栞は信が痴漢をして逃げて死んだ事まで追及しているけれど、

これは栞が絡んでいる事は間違いないのかもしれない。

どうして紗千が家を出たのかという理由が知ったのであれば

栞が信に近づいた理由もある程度見えてくる。

思春期に知ってしまうと人は心を乱す事があるだけに

栞が知っている事実が語られた時はさらに違った展開をみせるのかもしれない。

次回は陸の言葉遅れを指摘された小春は犬に興味を示した事で

公園に連れて行くも陸は小春が思わぬ想いを伝える。

そして栞はある真実を語り出す。

果たしてその真実とは・・・栞の言葉に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

Voice(初回盤)Voice(初回盤) [CD]
アーティスト:androp
出版:ワーナーミュージック・ジャパン
(2013-08-21)