15日Jリーグ13ヤマザキナビスコカップ第6節が行われ、

アルビレックス新潟はアウエー国立競技場でFC東京と対戦し、

1対2でFW岡本のゴールで一度追いついたもののその後勝ち越しを許して敗れ、

1勝1分3敗勝ち点4得失点差-3で予選リーグ6位で予選敗退が決まった。

試合は前半からホーム東京に押されながらもゴールを許さず前半を折り返した。

後半FW岡本を投入するも後半5分に東京がMF石川のゴールで先制を許すが、

新潟も後半20分FW岡本のゴールで同点に追いついたが

後半36分東京はMF三田のゴールで勝ち越しを許してそのまま逃げ切られた。

これでアルビレックス新潟は予選リーグ敗退が決まりリーグ戦に集中する。

勝っていてとしても前節の敗戦が響いておりセレッソとの得失点差を考慮すれば

予選突破は困難だったと思う。

それでも主力の成岡がベンチ外、レオ、坪内が出場停止、

クナンはベンチスタートの中でベンチ入りも6人と

選手層の厳しさがあった中では良く戦ったと思う。

選手層という点では東京と比べたら差は大きいし

控え選手がレギュラーとの差を埋めないと

なかなかリーグ戦とカップ戦の両方を戦う事は難しい。

それでもカップ戦ではDF水輝を全試合出場させることができたし、

成岡、レオ不在で若手にチャンスを与えることができた。

1試合消化試合になるもののリーグ戦が中2日で控えている事を踏まえると

今日多く先発させる事ができた事で控えやベンチ外の選手を次の試合で起用し易くなった。

次の試合は若手にとっては中断期間明けへ向けての大事なアピールの場となる。

次のナビスコ杯では

GK竹重

DF

右SB川口 CB水輝 CB菊地 左SB村上

MF

ボランチ 本間 宣福

右SH小谷野 左SH小塚

FW 武蔵 岡本

ベンチ入り

黒河、クナン 内田 三門 奥山 亜土夢 堅碁

これ位思い切って良いと思う。

逆にこの面々でどれだけ戦えるのか?というのもあるんですけれどね。

という事で次戦はリーグ戦ホーム大分戦!

この試合で確り勝ち点3を手にすれば5月3勝となる。

今の勢いなら十分勝てるし守備も自信を持って守れる。

勝って中断前最後のホームを締め括ろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。