1日ドラマ「雲の階段」第3話を視聴した。

今回は帰島した三郎は明子から村木所長が倒れて新たな医者が着任したと告げられた。

三郎は今まで働いた通りには行かず事務員として通常業務を行っていた。

そんな中帰京したはずの亜希子が現れ三郎に手術のお願いをする。

手術のお願いを聞いた三郎はそのお願いを聞いて手術を執刀する。

そして手術は無事に成功する。

しかしその直後今度は村長の孫娘が盲腸で運ばれてきて本物の医者が診察し、

執刀するも全く何もできず明子は三郎にその事をお願いして

違法行為承知で医者はその執刀を託す。

そして三郎はその手術を行い、見事に成功する。

そして三郎はこの事をキッカケに東京へ上京するシーンがメインだった。
ストーリー

東京から帰島した三郎は、明子から村木所長が倒れたと知らされる。

一方、宮坂事務長と武村村長の手配で本物の医師・山中が島の診療所へ着任した。

医師免許を持たない三郎は、元通り事務員として働くしかなかった。

そこへ、帰京したはずの亜希子が現れ、先生に最後のお願いがある、という。

手術痕を愛する三郎の手で縫合して欲しいというのだ。

明子と高岡の協力のもと再びメスを持つことになった三郎だが……。

三郎と2人のアキコに運命の波が押し寄せ、それぞれが変貌を遂げ始める……!

以上日テレ雲の階段HPより


今回は帰島した三郎を待っていたのは村木所長の本当の容態だった。

実は村木所長は前立腺がんと宣告されていた。

その診断を三郎にやらせると見事なまでに三郎はその症状を診断した。

一方島には新たな医者が赴任した。

これにより三郎は医療行為を行う事ができなくなり、通常の事務を行うのだった。

そんなある日老婆に注射を行ったところを見られた三郎と明子は

この島の実態を始めて医者に知られる。

それは東京では何でもそろっているからこんな事は有り得ないでしょうが、

離島では揃っていなくて当然な訳でそれを踏まえて医療を行わなければならない。

過疎地での勤務経験が無ければ通常はこんなところで医療を行える訳がないと思うだろう。

そんな中で東京から亜希子が現れ、三郎はそこで心が揺れる。

三郎は亜希子のお願いで再度執刀する事になった。

明子たちの協力で手術は無事に成功する。

翌日今度は村長の孫娘が急患で運ばれてきて医者が執刀するが

実践経験と過疎地での極限の経験に乏しく手術を途中で中断する。

そしてそれにより命の危険になった孫娘の容態を急変し、

そこで明子は三郎に執刀をお願いし、

医者の了承を経て三郎は執刀し手術は無事に成功した。

しかし翌日三郎は島から消えたのだった。

いくら医師免許があっても実践で使えなければ何もならないからね。

次回はそんな三郎が東京の上京して田坂総合病院で働き始める事になった。

果たしてそこで三郎に待ち構えている事とは?その状況に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

新装版 雲の階段(上) (講談社文庫)新装版 雲の階段(上) (講談社文庫) [文庫]
著者:渡辺 淳一
出版:講談社
(2013-03-15)






新装版 雲の階段(下) (講談社文庫)新装版 雲の階段(下) (講談社文庫) [文庫]
著者:渡辺 淳一
出版:講談社
(2013-03-15)