14日巨人対東京ヤクルト戦が東京ドームで行われ、

2対0で巨人が阿部捕手、ボウカーのタイムリーを

内海投手ら3人のリレーで逃げ切り週間勝ち越しを決めた。

試合は巨人先発内海投手、東京ヤクルト先発八木投手の投げ合いで始まり、

3回に巨人が4番阿部捕手、6番ボウカーのタイムリーで

2点を先制すると先発内海投手が7回を無失点に抑え、

その後8回に2番手山口投手、最後は抑えの西村投手が抑えて

巨人が東京ヤクルト戦3連勝で週間勝ち越しを決めた。

これで巨人は阪神戦での3試合連続完封負けを振り払い週間負け越しを阻止した。
東京打線の低調さにも助けられたものの、

やはり打線が確り先取点を取ってくれた事がこの試合の流れを

終始巨人から放す事はなかった。

まともなチャンスがあったのは1回と3回だけだけれど

確実に1回を活かせば得点になる訳で得点パターンも

4番が打って下位打線がさらに追加点を奪うという理想的な点の取り方だ。

投手陣もリリーフ陣が万全なので先発が確りゲームを作れば問題なく勝ち続ける事ができる。

この調子なら4月だけで10以上の貯金を確保できそうなので

しばらくは首位安泰という感じになりそうだ。

今の巨人に死角が少なく次の阪神戦で勝ち越せば大きな独走状態を築けそうだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。