9日阪神対巨人戦が阪神甲子園球場で行われ、

2対0で阪神が能見投手の完封勝利で巨人は開幕からの連勝が7で止まった。

試合は阪神先発能見投手、巨人先発宮國投手の投げ合いで始まり、

5回まで両チーム譲らず迎えた6回阪神は4番マートンのタイムリーで先制すると、

5番福留選手も続いて2点をリードを奪う。

巨人も8回に1死1,2塁のチャンスを作ったものの代打太田選手、

1番長野選手が倒れて得点できず投げては能見投手が

4番阿部捕手を併殺打に打ち取り阪神が巨人の開幕からの連勝を止めた。

これで巨人は開幕からの連勝が7でストップし一休みとなった。
開幕から好調だった打線もこの日は能見投手の前に攻略の糸口を作る事ができずに敗れた。

まあそれだけ能見投手が良かったという事でもあるんだけれど、

4回の宮國投手のバント失敗、8回のチャンスに代打太田選手、

1番長野選手が倒れた事が全てだった。

ただこれまで毎試合打線が援護してきただけに

この試合だけ攻める事はできないので

宮國投手も先発の役割は果たしたので仕方ない敗戦と捉えたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。