2、3日ACL2013(アジアチャンピオンズリーグ)

予選リーグ第3節の試合が各地行われ、

浦和レッズはホームで全北現代と対戦し、

1対3でFW原口のゴールも逆転負けを屈して3位に転落した。

柏レイソルはアウエーで水原三星と対戦し、

6対2でPK4本の判定を受けながらGK菅野が3本止めて、

攻撃もFWがそれぞれ2点ずつ上げて大勝し予選リーグ突破へ王手を掛けた。

ベガルダ仙台はアウエーでFCソウルと対戦し

1対2で敗れ予選リーグ突破へ一歩後退した。

サンフレッチェ広島はホームで浦項と対戦し

0対1で敗れ予選リーグ敗退の崖っぷちに立たされた。

これでACLは柏が予選突破へ王手を掛けて、

浦和と仙台が次節に勝利が必要となり、広島は敗退の崖っぷちに立たされた。
まずホームで戦った浦和は先制しながらもまさかの逆転負けで

有利に立てるはずだったホームでのアドバンテージを活かせなかった。

特に2位争いの相手に対して敗れた事で次節アウエーで勝利しなければ

一気に敗退の危機に直面した。果たしてアウエーで勝利できるか?

一方柏はアウエーの洗礼を大きく受けながらも

その逆境をGK菅野とFW陣の活躍で跳ね返した。

逆にこちらは次節勝利すれば予選リーグ突破が決まるだけに

2試合残して決めてしまいたいところだ。

一方仙台はアウエーで善戦しながら惜しくも敗れた。

こちらの組は2位以下がまだ勝ち点4とチャンスはあるので次節絶対にホームで勝利したい。

3チームとは対照的に広島は全く良い所なく敗れた。

選手層の薄さもあるけれど、控えとの差が歴然な中でACLを戦う難しさを痛感させられる。

果たして広島の予選突破の奇跡はあるのか?

次節は予選突破への分岐点となる。浦和、仙台、広島は

次節何が何でも勝利が必要なだけに何としても勝ち点3を取ってほしいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。