6日ドラマ「シェアハウスの恋人」第8話を視聴した。

今回は汐がシェアハウスを出て行った直後辰平の体が光雪哉、凪は驚き動揺する。

一方汐が勤務する営業所が3月一杯で閉鎖される事が決まる。

それでもがんばろうとする汐だったが思うような成果を得られず焦るばかりだ。

そんな中職場に雪哉が現れ辰平の様子がおかしいと伝えられ

慌ててシェアハウスに戻るが辰平は何も変わっていない事に騙された

気分になり再びその場から出て行った。

そんな汐を見ていられなくなった凪はカオルと共に

辰平の歌った歌を訳すとそれが愛の歌だと知る。

一方同僚のメグの家に泊まった汐はそこで会社の専務に

50件新規営業を取れれば営業所は存続させるという話しを取り付けて

メグが営業に向かって新規顧客を獲得して奇跡があるのではと営業所の面々は信じ始めた。

そして汐は凪からの電話で辰平の歌の事を知り、

辰平のところへ戻った汐はそこで辰平から愛の告白を受け入れるシーンがメインだった。
ストーリー

突然光り出した辰平を前に、動揺を隠しきれない雪哉と凪。

凪は汐に連絡するが、汐は携帯電話の電源を切ってしまう。

一方、汐の勤務する営業所が3月いっぱいで閉鎖されることが決まった。

それまで頑張ろうと、営業に励む汐。

しかし、思うように成果が上がらず、さらには営業先でセクハラを受けてしまう。

そんな中、汐の職場にやってきた雪哉から、

「辰平の様子がおかしい」と聞かされた汐はシェアハウスに戻る。

しかし、辰平は普段のまま。拍子抜けした汐は辰平と雪哉に心にもない暴言を吐く。

同じ頃、辰平が故郷の星の歌だと歌った曲が気になって仕方ない凪は、

カオルと歌詞を調べる。

歌詞の中の単語がインカ帝国で使われていたという

ケチュア語に似ていることに気づいた2人は、歌詞の解読作業を進めると…。

そして、辰平の身体が再び光る。

その光は辰平の故郷の星の仲間たちの交信手段だった。

彼らは次の満月の夜に辰平を迎えに来るという。

衝撃を受けながらも、雪哉はその事実を受け止めようとする。

一方、メグの実家に転がり込んだ汐は、

彼女の父で会社の専務の望月から営業所存続のための条件を引き出す。

ついに、凪は例の歌詞解読に成功、

「あの歌は姉ちゃんのことを思った歌だったんだよ」と汐に伝える。

その歌詞を聞いた汐は自分の本当の気持ちに気づき・・・

以上日テレシェアハウスの恋人HPより


今回は汐がシェアハウスを出て行って辰平と雪哉の2人だけになったが、

そこで辰平のある場所が光る。

それに動揺した雪哉と凪は動揺するがどうしてなのか説明できない。

まあこれはコミカルという事で流すとしてシェアハウスを出て行った汐は

ホテルに泊まって出勤するがその営業所が3月一杯で閉鎖される事になった。

閉鎖される事になっても何とかしようと奮闘する汐だったが、簡単にはいかない。

まあそんなに簡単にいけば閉鎖される事はありませんからね。

その頃辰平にもまた迎えに来るという話しになり

シェアハウスを解散しようと雪哉に話す。

そんな中で凪は辰平の歌った歌の翻訳をカオルとするとその歌が愛の歌だと知る。

一方一度はシャアハウスに戻った汐だったが

辰平に何の異変もなく騙された気分になり再び出て行ってしまった。

そして転がり込んだ同僚のメグの家で会社の専務から

50件新規顧客を獲得したら営業所は存続するという事で希望が出て来た中メグも営業に出る。

そしてメグが新規顧客を獲得してきた事で営業所存続に希望が見えてきた。

そんな中凪から辰平の歌が愛の歌だと知り辰平のところへ駆けつける

汐はそこで辰平からの愛の告白を受け入れるのだった。

まあ時間を掛けて距離を縮めていった結果というところでしょうね。

色々わかると距離も縮まるものなんでしょうけれど

それを受け入れるまでの時間が掛かるものですからね。

次回は汐、辰平、雪哉それぞれに最後の時間が訪れる。

この共同生活の終わりに見るものとは?

その最後の時に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

「シェアハウスの恋人」オリジナル・サウンドトラック「シェアハウスの恋人」オリジナル・サウンドトラック [CD]
アーティスト:菅野祐悟
出版: バップ
(2013-02-20)



beautiful/ちいさな足跡 (SINGLE+DVD)beautiful/ちいさな足跡 (SINGLE+DVD) [CD]
アーティスト:絢香
出版: A stAtion
(2013-02-20)