2日Jリーグ13開幕戦が行われ、注目のACL組対決となったサンフレッチェ広島対浦和レッズは

1対2で浦和レッズがMF柏木、FW原口のゴールで勝利しアウエー開幕戦で初勝利を上げた。

その他ACL組仙台はホームでヴァンフォーレ甲府と対戦したが1対1のドロー発進となった。

その他開幕戦では横浜Fマリノスが湘南に、

FC東京が大分にそれぞれ昇格組に勝利して開幕戦を飾った。

これでJリーグは開幕し12月までの熱い戦いが始まった。
まず1番注目されたカードとなった広島対浦和戦は

アウエー開幕では過去1度も勝利した事のない浦和が

苦手のアウエー広島で勝利し久し振りの開幕戦勝利を飾った。

昨シーズンと大幅にメンバーを変えなかった広島に対して、

大型補強をした浦和は浦和が大型補強でターンオーバー制を活かして

新戦力と現有戦力との融合で開幕戦をものにした。

日程では浦和が中3日でアウエー中国から広島入りしたのに対して、

広島は中2日で連続ホームだったが、

戦力的にターンオーバー制が難しい広島は厳しい開幕戦となった。

そうでなくても広島はファン・ソッコ、ミキッチが故障で離脱している事もあり

2人の戦力ダウンはACLとリーグ戦に響いた格好だ。

そうでなくても高萩が出場しなかった訳で苦しい布陣だった事は否めない。

対して浦和はマルシオをベンチスタートさせるなど

大型補強を活かした選手起用ができた事で有効に選手を起用した。

やはり今季のリーグ戦は浦和が優勝候補筆頭になりそうな予感はある。

ただ浦和も現状では1トップが定まらないだけに

1トップが決まれば今以上の強さを発揮するだろう。

それ以外では大幅な移籍で戦力ダウンが予想された

横浜Fマリノスが開幕戦昇格した湘南を蹴散らし、東京も大分を下した。

やはり戦力と資金力で苦しい2チームは今後も厳しい戦いが予想される。

これでJリーグが開幕した。

毎年混戦のJリーグだけれど、

今季はどのチームが制するのだろうか?注目して行きたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2013年 03月号 [雑誌]Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2013年 03月号 [雑誌] [雑誌]
出版: 朝日新聞出版
(2013-02-12)


浦和レッズあるある浦和レッズあるある [単行本(ソフトカバー)]
著者:浦和レッズあるある研究会
出版: ティー・オーエンタテインメント
(2013-01-25)