28日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)壮行試合

日本対巨人戦がヤフオクドームで行われ、

6対1で日本が小刻みに得点を重ねて本番直前の壮行試合で調整を終えた。

試合は日本先発大隣投手、巨人先発高木京投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が1番矢野選手の先頭打者ホームランで先制を許すが、

3回に3番内川選手のタイムリーで同点に追いつく。

5回には1番坂本選手のタイムリーで勝ち越すと、

6回にも1番坂本選手のタイムリーで追加点を上げて、

8回にも2点を追加した日本が初回以降得点を許さずに勝利した。

これで侍ジャパンは最後の壮行試合で

打線が復調した選手もおりある程度の打線の目途はたった。
この試合では阿部捕手が欠場し4番には糸井選手が入った。

難しいところだけれどむやみにジグザグ打線に拘る必要はないと思う。

坂本選手、内川選手が復調した事で場合によっては3番坂本選手、4番内川選手でも良い。

角中選手の打撃も捨てがたいが、

今の打線を考えると起用するなら2番よりも9番あたりで1番への繋ぎで使った方が良いと感じる。

糸井選手、松井選手の1,2番も面白いと思うが

最後まで足を活かす打順を決め切れなかったのは本番への唯一の不安ではある。

一方投手陣については1番手の投手以外は結果を残しているだけに

問題は1番手に投げる投手が確り抑えられるかがポイントかもしれない。

1番手が乗り切ればそのまま2番手が抑える構図が日本にはあるだけに

抑えを決められなかったのが唯一の不安と言える。

これでいよいよ2日から本番を迎える。初戦は硬くなるかもしれないが

先取点を取れば必ず本来のプレーが絶対できるので先取点をいち早く奪おう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。