27日ACL2013(アジアチャンピオンズリーグ)

予選リーグ第1節の試合が各地行われ、

サンフレッチェ広島はホームでブニョドコルと対戦し

0対2で敗れて3季ぶりのACLは厳しいスタートとなった。

柏レイソルはアウエーで貴州人和と対戦し、

1対0で柏レイソルがFWクレオのゴールを守り切り日本勢で唯一の白星発進をした。

これでACLは柏だけが白星発進し、広島、浦和は苦しいスタートとなった。
まず広島からだけれどゼロックス杯では柏を見事に退けたが

さすがに国際舞台ではこれまでのサッカーが簡単には通用しない事を痛感させられた。

元々少ないチャンスをものにするチームだけに

それができないと苦しい戦いを強いられるのはわかっていたが、

やはりミキッチの不在が響いた格好だ。

あとリーグ戦に備えてターンオーバー制を敷いた事で

森崎兄弟をベンチスタートさせた事も大きかったかもしれない。

一方柏は厳しい中国のアウエーながら

新加入クレオのゴールを守り切り日本勢唯一の白星発進した。

クレオは韓国でプレーしていた事もありアジアの戦いに慣れているという部分もあるけれど、

新加入選手がここで機能した。

守備でも新加入鈴木大輔が絶体絶命のピンチを防いだ事も大きかった。

これでACLは柏が白星発進し、広島、浦和は黒星発進となった。

果たして第2節では巻き返しがあるのか?

その戦いに注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。