26日ACL2013(アジアチャンピオンズリーグ)

予選リーグ第1節の試合が各地行われ、

ベガルタ仙台はホームでブリラムと対戦し、

1対1でMF梁勇基のPKで先制するも追いつかれてホームで痛恨のドロー発進となった。

浦和レッズはアウエーで広州恒大と対戦し、

0対3で全く良い所なく完敗し5季ぶりのACLは厳しいスタートとなった。

これでACLは開幕し日本勢の初戦は厳しいスタートとなった。

今年こそ5季ぶりの日本勢ACL獲得を目指してスタートしたけれど

まずホームで戦った仙台だけれど、

相手はタイのチームという事でこの寒さに慣れない中で戦ったはずだったが

仙台はそのアドバンテージを活かせなかった。

アウエーでは仙台より環境の悪い中で戦わなければならないだけに

このドローは痛いスタートと言って良いだろう。

そして5季ぶりにACLを戦う浦和はアウエーで広州恒大に圧倒されて敗れた。

浦和は今季大型補強を敢行したものの、

1番懸念していた1トップのFWがやはり不安を残す結果になってしまった格好だ。

昨シーズンから浦和の1トップは固定できず最終節では0トップに近い

マルシオのFWという苦肉の策を使ったが現状では

原口の1トップでは厳しいと言わざる得ない感じだ。

元々原口は2列目か2トップの一角で力を出す選手でもあるだけに

1トップでは厳しいだろうね。

それ以外にも興梠を獲得したもののこの試合ではベンチ入りしなかったが

興梠も1トップの選手ではないだけに

今季の浦和は1トップに泣かされる可能性は否定できない。

ただ負け方があまりにも完敗だっただけに

この敗戦が開幕戦となる広島戦でどれだけ影響が出るのか注目したいところだ。

これでACLは開幕したものの初戦で敗れた中

果たして2節では勝ち点3を取り戻す事ができるのか?

巻き返しに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

カントリーロード 2012-13 つかんだ!J1準優勝!カントリーロード 2012-13 つかんだ!J1準優勝! [ムック]
著者:ベガルタ仙台・市民後援会ほか
出版: プレスアート&ベガルタ仙台・市民後援会
(2013-02-05)




Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2013年 03月号 [雑誌]Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2013年 03月号 [雑誌] [雑誌]
出版: 朝日新聞出版
(2013-02-12)