3日ドラマ「とんび」第4話を視聴した。

今回はアキラがどうして母美佐子が亡くなったのか?

と照雲や社長らに聞きまわっていた。

それを知ったヤスはいよいよ真相を話さなければならないと決意を固める。

そして2人でお風呂に入ったところでヤスはアキラに真相を話し出したら

説明が下手なヤスはアキラに嫌われてしまった。

その数日後たえ子の元夫肇と娘泰子が訪れ一目で良いから

たえ子に会いたいと頼まれヤスは娘泰子を偶然会った客という事で店に一緒に入り、

そこでたえ子から母親になるとはどういうことなのかを聞かされたシーンがメインだった。
ストーリー

ヤスは、11歳のアキラが自分に内緒で照雲や社長らに

母・美佐子の事故の真相について聞いてまわっていると知り驚きを隠せなかった。

その一方で、たえ子がある男から「娘に会ってやってほしい」と言われていた、との噂を聞く。

たえ子に娘がいるとは知らなかったヤスはその事実を聞こうと夕なぎを訪ねるが、

逆にアキラに事故の真相をそろそろ話した方がいいのではと言われ、

本当の話なんてできないとさらに悩むことになる。

その時、ヤスの元に、たえ子の元夫・肇と娘・泰子が訪ねてきて、

たえ子と会えるように協力してほしいと言われ…。

以上TBS「とんび」HPより


今回はアキラがついに母美佐子が亡くなった真相が知りたいと

周りに聞きまわっている事を知ったヤスはその事をついに話す時だと感じていた。

そんな中ヤスはアキラとお風呂に入りそこでヤスが

アキラに母美佐子の死の真相を話し出す。

ただどうしてもヤスは説明が下手なのでアキラに上手く説明できない。

照れながら話すヤスにアキラはふざけて話しているように映りヤスの事を嫌うのだった。

ただヤスにとって本当の事を話す事ができない思いもあった。

そんな中でたえ子の元夫肇と娘泰子が訪ねてきて

どうしたらたえ子にわからず会えるか?

と問われて客として偶然入ったというなら大丈夫じゃないかという事となり

ヤスと共にたえ子の娘泰子が店に入っていった。

そこでたえ子は泰子が自分の娘だとすぐにわかり

そこで母親になる上の心得とこれまでの想いを密かに伝えたのだった。

まあさすがに産みの親だけにわからない訳がないんですけれどね。

次回はアキラが高校生となり野球に打ち込んでいる姿が描かれる。

果たしてこの時代のアキラとヤスはどんな関係なのか?

その関係に注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

とんび (角川文庫)とんび (角川文庫)
著者:重松 清
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2011-10-25)
販売元:Amazon.co.jp


とんびとんび
著者:重松 清
販売元:角川グループパブリッシング
(2008-10-31)
販売元:Amazon.co.jp