27日ドラマ「とんび」第3話を視聴した。

今回はアキラが11歳となり野球をやるようになるが、ヤスは野球ができない為に拒む。

そんな中アキラは選抜チームのピッチャーの座が危ないという話を知る。

それを知った照雲はアキラの練習相手となって練習に励むが、

ヤスは父親らしいことができない。

そんな中アキラが肘を痛めて投げられなくなると、それはアキラが自らやった事だと照雲を庇う。

そんなアキラを見てヤスは不器用に励ます事しかできなかったシーンがメインだった。
ストーリー

アキラが11歳の5月。夕なぎで酒を飲むヤスは、

たえ子らから父親らしくキャッチボールぐらいやってやれと冷やかされるが照れて拒む。

そんな中、会社の後輩・葛原から、アキラの小学校が選抜チームを作って

他校と野球の試合をすることになっていることと、

アキラが転校生にエースの座を奪われてしまっていることを聞き、

練習に付き合おうとするがアキラの姿がどこにもない。

ヤスが必死で探す中、

アキラは高校時代に野球部だった照雲と2人で練習をしていたのだった。

親子のように練習する2人の姿を見たヤスは、

アキラが嬉しそうに上達したことを報告しても、

愛想の無い返事しかできないでいたのだが…。

以上TBS「とんび」HPより


今回はアキラが11歳となり野球をやるようになるも

ヤスは仕事が忙しくキャッチボールの相手にもなれなければ野球は全くできなかった。

仕方なくアキラは何時も壁に向かってキャッチボールをしていたが

それにも限界がありアキラは高校時代野球部だった

照雲と2人でキャッチボールを始めたのだった。

まあ誰か相手がいないと辛いものですからね。

そんなアキラの姿にヤスはただただ見守ってあげる事しかできない。

しかしそんなアキラも練習のし過ぎで肘を痛めて病院へ行く事になった。

これは若干専門的な事なんだけれど、

11歳ではカーブを投げるには体ができておらずリトルリーグでは禁止ボールとなっている。

小学生で投げられるボールはストレートとチェンジアップ位しかない。

アキラ位の世代だと江川さん全盛の時代だけれど、

江川さんのようなカーブが小学生で投げるのは好ましい事ではない。

ゆえに肘を痛める原因になった訳だけれど、

この時代はどのボールを投げさせるといけないのかというのが意外にわからないものだ。

そんな肘を痛めたアキラにヤスは照雲を責めるが、アキラが自分が悪いとヤスを止めた。

それからヤスは照雲に野球の事を任せると託したが、

ヤスはどうしても素直にアキラと向かえないのだった。

過去に父親を知らずに育ち、さらに美佐子を失っている事も大きいのだろうけれどね。

次回はヤスはアキラに事故の真相を話す時を迎える。

果たしてヤスはアキラに事故の真相を伝える事ができるのか?

その真相に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

とんび (角川文庫)とんび (角川文庫)
著者:重松 清
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2011-10-25)
販売元:Amazon.co.jp


とんびとんび
著者:重松 清
販売元:角川グループパブリッシング
(2008-10-31)
販売元:Amazon.co.jp