27日大河ドラマ「八重の桜」第4話を視聴した。

今回は禁足されていた覚馬は頼母の計らいで容保に働きかけて

禁足を解かれ砲術指南役として会津を改革してほしいという命が下り、

尚之助の教授方就任も認められた。

一方これと並行して覚馬はうらをめとる事となった。

しかしうらは八重とあまり話が合わず八重は困惑する。

一方幕府は井伊直弼の判断で日米修好通商条約を締結を結び、

14代将軍も家茂になり斉昭らは失脚した。

一方会津藩もまた容保中心に井伊直弼の安政の大獄に

巻き込まれていくシーンがメインだった。
ストーリー

1858(安政5)年、西郷頼母の松平容保への働きかけが実り、

覚馬の禁足が解かれ、八重もわがことのように喜ぶ。

さらに、尚之助の教授方就任もかない、覚馬はうらをめとることになった。

一方、幕政では大老になった井伊直弼が、水戸藩主・徳川斉昭ら

一橋派に無断で日米修好通商条約を締結。

激怒した斉昭らは井伊のもとへ押しかけるが…。

以上NHK大河ドラマ「八重の桜」HPより


今回は禁足が解かれ覚馬だったが、

日米修好通商条約直前という事でこのままではいけないと感じた

会津藩は覚馬の西洋学を必要とした。

オランダ式のスペンサー銃などを取り入れる事によって一気に近代化する事になるが、

ここに八重は覚馬を手伝いながら幕末へと進んでいく。

一方この年大老に井伊直弼が就いた事で一橋派を一掃し

裏で動いていた島津斉彬らは井伊直弼の前に阻まれた。

これにより一橋派の斉昭、春嶽、慶喜らは表舞台から追放された。

これにより安政の大獄が始まった訳だけれど、

その手は覚馬、尚之助の友人だった吉田松陰にまで及んでいくのだった。

次回は松陰の最期が描かれる訳だけれど、

松陰幕末へ向けて何を残すのだろうか?その最期に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
販売元:NHK出版
(2012-12-20)
販売元:Amazon.co.jp


八重の桜 一八重の桜 一
著者:山本 むつみ
販売元:NHK出版
(2012-11-27)
販売元:Amazon.co.jp


NHK大河ドラマ 「八重の桜」完全読本 (NIKKO MOOK)NHK大河ドラマ 「八重の桜」完全読本 (NIKKO MOOK)
販売元:産経新聞出版
(2012-12-20)
販売元:Amazon.co.jp


NHK大河ドラマ「八重の桜」放映記念!八重づくし7点セットNHK大河ドラマ「八重の桜」放映記念!八重づくし7点セット
販売元:福島県南酒販株式会社

販売元:Amazon.co.jp


NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック INHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック I
アーティスト:坂本龍一 | 中島ノブユキ
販売元:commmons
(2013-01-30)
販売元:Amazon.co.jp