30日サッカーJ1アルビレックス新潟はMFミシェウとの契約満了を発表した。

ミシェウは2010年にジェフ千葉から加入し、

加入当初こそ控えが多かったもののチームが低迷すると

FW大島と入れ替わってからチームは快進撃を始めて

2010シーズン9位に貢献した。

しかし2010年にマルシオ、2011年にヨンチョルが移籍すると孤立する事も多くなり、

司令塔としてパスを出しどころに苦悩する姿も目立つようになり攻撃陣低迷の要因ともなっていた。

これでアルビレックス新潟はミシェウシステムを解体し

攻撃陣総解体から新しい攻撃の形を構築していく事となった。

ミシェウには何度もチームを救ってくれたんだけれど、

やはりミシェウの場合トップ下しか機能しない

というチームにとって致命的な欠陥をもたらしてしまった事、

マルシオ、ヨンチョルがいなくなってしまった事で周りに活かす選手がいなくなってしまった事で

ミシェウが活きなくなってしまっていた。

そしてミシェウを起用するとどうしてもFWを1枚削らなければならず

それが攻撃力低下へと繋がっていたのも事実だ。

今シーズンFWを補強しながらミシェウとの共存ができなかった最大の要因が

トップ下システムだった訳でFWが1枚しか起用できないのでは

根本的からシステムを変える事を選ぶのは当然だ。

守備面については大幅に変える必要性はないものの、

攻撃面ではこれだけ点が獲れない以上聖域なき改革は絶対に必要!

少なくてもこれ以上悪くなることはない。

現時点では来季のFWには岡山で18ゴールを上げた川又堅碁、

期待の快速FW鈴木武蔵を確保している。

当然長身なので高さと決定力を兼ねたFWとして起用するだろうし、

来季は2トップで起用したい柳下監督の意図は十二分感じ取れる。

中盤には既にレオ・シルバを獲得しており中盤の組み立てには問題はなくなったし、

今季外国人枠の関係で出場できなかったキム・ヨングンを

左SHで起用する事で中盤は十分補える。

来季の外国人枠を考えるとロペスとの契約がどうなるか?という事だ。

ブラジル外国人枠は来季は2枠で十分と判断しているので

2枠をヨングン、ジンスで使うようにしたい。

そうなると来季のポイントはFWなのか?攻撃的MFなのか?迷うところではある。

守備陣については既にDF石川の仙台への移籍が決まったが、

大輔の去就に関わらず来季のDF陣はそれなりに目途が立っている。

特に期待したいのは繁人と竜馬の2人だ。

大輔より早く出場できるチャンスが巡ってくる事を考えると十分成長するチャンスがある。

ディフェンスの高さを考えれば2人の内どちらかがレギュラーを獲ってほしい。

一応現状決まった来季の布陣は

退団、移籍

GK小沢(契約満了)

DF石川(仙台移籍)

MF小林(契約満了)、アラン(移籍期間満了)、ミシェウ(契約満了)、中村(山形移籍)

FWブルーノ カスタニェイラ(新潟シンガポール移籍)

GK渡辺

DF

内田、ジンス、川口(ユース昇格)

MF

三門、レオ・シルバ、小谷野、酒井 宣福、藤田、菊地、小塚(新人)

FW

川又堅碁(復帰)、鈴木武蔵

1人は柳下監督の下で社会人再教育を受ける事になるが現状として予想を反していないし、

川又の復帰とゲームメークができるボランチの獲得ができているので

それなりの目途が立っている。

問題は東口、渡辺が6月まで出場できないGKの控えが最も重要事項だ。

さすがに黒河1人では厳しいだけに控えに適したGKが必要だ。

FWは何枚か必要だがある程度目途はつけているようだ。

攻撃陣は聖域なしなのでさらに補強を進めてほしいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

【フットボールオールスターズ】ミシェウ アルビレックス新潟 レギュラー 《FOOTBALL ALLSTAR'S vol.2》fo1102-104【フットボールオールスターズ】ミシェウ アルビレックス新潟 レギュラー 《FOOTBALL ALLSTAR'S vol.2》fo1102-104
販売元:コナミ

販売元:Amazon.co.jp


アルヒ゛レックス新潟フ゜レヒ゛ュー特別総集編2012アルヒ゛レックス新潟フ゜レヒ゛ュー特別総集編2012
販売元:ニューズ・ライン
(2012-12-15)
販売元:Amazon.co.jp