24日ドラマ「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」最終話を視聴した。

今回はミラクルが全員辞めて金田一の元に集まった。

それを見た金田一はさすがに動揺し、これからどうすべきか考える。

そんな中統一郎は自らの行動を悔いていた。

そして統一郎は金田一の元へ向かい、

これまでの真実を明かして金田一が自分の腹違いの弟だという事を告げると、

金田一はそれを知ったらとても耐えられなかったと告げる。

そして行方を暗ました統一郎に代わり、

ミラクルの再建に全力を尽くす金田一だったが社員は集まらない。

そんな金田一は会社名じゃなく、人とやる事の大切さをそれぞれの社員に

説き始めたら社員が集まり出して次第にミラクルは危機的状況から立て直し、

金田一は統一郎に社員名簿を渡して、

会社総会で金田一は自ら社長には統一郎にし、

統一郎は貧乏を経験して初めて人の大切さを知り、

統一郎は金田一が自分の弟と話すと周りは次第に納得し始めて纏まり、

金田一らはミラクルの再建に目途が立つと

ミラクルを去り次の仕事を探しに旅立ったシーンがメインだった。
ストーリー

金田一二三男、模合謙吾、二階堂彩矢が暮らす『幸福荘』の前に、

榎本小太郎たち『ミラクルエレクトロニクス』を退職した全社員がやって来た。

社員たちは金田一と約束した魔法瓶事業再開の約束を反故にしたばかりでなく、

それまでの大屋敷統一郎の経営方針にも嫌気がさしたのだ。

一緒に働きたいと言う『ミラクルエレクトロニクス』元社員たちだが、

すでに金田一の『ハピネス魔法瓶』はなくなっている。

とりあえず、金田一たちは集まった元社員の名簿を作ることに。

その頃、『ミラクルエレクトロニクス』の空になったオフィスには、

統一郎と財前修だけがいた。

絶望を口にする統一郎を財前は何とか助けたいと思うのだが…。

模合は統一郎に会いに行くという金田一を『幸福荘』に引き留め、

自ら『ミラクルエレクトロニクス』へ。

しかし、社長室には財前しかいなかった。

統一郎を助けてほしいと懇願する財前に、模合は困惑してしまう。

模合が『幸福荘』に戻ると、金田一の部屋に統一郎がいた。

いったい統一郎は、何をしに金田一を訪ねてきたのだろうか。

不安げに見守る模合と彩矢の前で金田一と対峙した統一郎は…。

以上フジテレビ「PRICELESS〜あるわけねえだろ、んなもん〜」HPより


今回はミラクルを辞めた社員全員が金田一の元に集まった。

それによりミラクルは業務停止に追い込まれた訳だけれど、

金田一もこれだけの社員を纏めて何かを起こすだけの

資金もなくどうすべきか模合、彩矢と話し合った。

そしてまず辞めた社員全員の名簿と写真を撮る事にした。

そんな中統一郎が金田一の前に現れ、金田一にお前の弟だと告げた。

それを聞いた金田一はそれを聞いていたらとても

自分には耐えられなかったと話したのだった。

確かに一般社員である金田一がいきなり1000人を超える

社長をやる事はまず考えられなかっただろうからね。

それを知った金田一は何としてもミラクルを再建しようと決意し、必死で周りを説得に走る。

最初は抵抗していた社員や取引先も次第に心を開き始めて

ミラクルは金田一の元で窮地を乗り切った。

しかし本当の勝負はここからだった。

金田一は社員を纏めた後、社長には再び統一郎に任すと宣言すると

周りから反対意見が出始めた。

しかし金田一は誰も必要としない人はいないと話し、

そして統一郎から貧乏になって初めて人の大切さを知ったと話し、

その上で魔法瓶は自分が生まれた日に特許が申請され、

それから40年間受け継がれてきたと話した。

そして金田一は自分の弟だと明かしたら社員は金田一の意向を尊重して

再び統一郎の元でミラクルは再建する事に決まった。

そして金田一、模合、彩矢の3人はそれを見届けると

ミラクルを去り次なる安住の地へ歩み始めたのだった。

1度貧乏を知った統一郎は金田一も経験した貧乏から学ぶ人の大切さに気付いた。

そして金田一にミラクルを託され、そして金田一は当てのない旅に出たのだが、

やはり経験しないとわからない事があるものだからね。

しかしアッサリ統一郎の告白に金田一は自分には

無理と話すところが金田一らしい人の魅力でしたね。

総評として貧乏になって初めて働く楽しさを知り、

そして人の大切さを知った金田一は最終的に

それを統一郎に教える事になるのだが、

統一郎もまた抱えていた事を告げた事で気持ちが吹っ切れたのも事実だった。

そして金田一もまた何処かで事業を始めるのだとも感じた。

これで今年全てのドラマは観終わりました。

リタイヤしたドラマもありましたが、

最後まで見続けたドラマもあっただけに並の激しい1年だったのかもしれません。

来季もまた月9は視聴し続けます。

その中でどんなドラマに出会うのか?というのがあります。

来年早々はミステリーという事で色々原作と違うという話ですが、

私は原作は知らないのであくまでドラマだけのストーリーで判断したいと思います。

また来年ドラマの話題で盛り上がれる事を楽しみにしています。

1年間ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

PRICELESS (上) 人生転落編PRICELESS (上) 人生転落編
著者:古家 和尚
販売元:扶桑社
(2012-12-12)
販売元:Amazon.co.jp