12日トヨタクラブW杯2012 5位決定戦

開催国王者サンフレッチェ広島対アジア王者蔚山戦が

豊田スタジアムで行われ、

3対2で広島が接戦を制して5位を決めた。

試合は前半17分に蔚山オウンゴールで先制を許すが、

前半35分MF山岸が決めて同点に追いつき前半を1対1で折り返す。

後半広島は積極的に攻めて後半11分FW佐藤寿人のゴールで勝ち越すと、

後半27分にもFW佐藤寿人が決めてリードを広げ後半ロスタイムに失点したものの

逃げ切り広島が世界5位を決めた。

これでサンフレッチェ広島は5位に入り日本勢の力を証明した。
日韓戦となった5位決定戦は広島が最後まで持ち味を発揮してアジア王者蔚山に競り勝った。

中2日が続いた事でメンバーを入れ替えたものの、

メンバーを入れ替えても広島のサッカーができるところは戦術理解度が高いという事でもあるし、

主力を下げてもサッカーの質が変わらない事を証明してみせた。

来年はアジア王者でなければクラブW杯に出場できないが

是非ACLを制して再びこの舞台に登場してほしいところだ。

あとコリンチャンス対アルアハリはコリンチャンスが貫録の勝利をみせたけれど、

今回のコリンチャンスのサポーターの熱気は凄いね。

これまで南米のチームがこれほどのサポーターを連れてきた事がなかっただけに驚きだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。