10日ドラマ「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第8話を視聴した。

今回はハピネス魔法瓶を立ち上げオフィスも準備した金田一だったが、そこに彩矢がいなかった。

彩矢は自らの失敗を責めて金田一の元を去り、再びミラクルで働く事にした。

そんな中で金田一は魔法瓶の生産が古い機械のために生産がストップしてしまい困った。

そこで金田一は広瀬に頼んでハピネス魔法瓶を売り込もうと

レセプションパーティーへの参加を提案され、

参加するが最初から金田一のレセプションは周りから見ると失敗続きに見えたが、

金田一は次第にレセプションの相手の心を掴み、

金田一はレセプションを勝ち抜いたものの、

統一郎に阻止され契約できなかったがレセプション相手は良い2日間だったと絶賛した。

そしてそれを知った彩矢は今度は自ら辞めて

再び金田一の元で働く決意を固めたシーンがメインだった。

ストーリー

『ハピネス魔法瓶』を立ち上げ、オフィスも用意した金田一二三男たち。

鞠丘貫太、両太たちもオフィスに来て、模合謙吾にあきれられながら喜ぶ金田一。

だが、そこには二階堂彩矢の姿は無かった。

そんなオフィスに辻義人が訪ねて来る。

辻は、古い機械が壊れて魔法瓶の生産が完全にストップしたことを金田一に報告。

新しい機械導入にはかなりの資金が必要になる。

金田一は資金援助を広瀬遼一に頼む。

しかし、広瀬もすぐさま承諾できる金額ではない。

だが、広瀬はベトナムの大企業が日本の家電メーカーとの業務提携を

模索しているという情報を金田一に与える。

さらに広瀬は、もし金田一たちが業務提携できたら協力を惜しまないと告げ、

自分の会社が調整役を行っているレセプションパーティーに金田一を招く。

また、そのパーティーには大屋敷統一郎も出席することを教えた。

金田一たちが『幸福荘』に帰ると、一厘に彩矢が出て行ったと教えられる。

金田一は、すぐに帰ってくると動じない。

だがその頃、彩矢は統一郎に『ミラクルエレクトロニクス』で働かないかと誘われていた。

以上フジテレビ「PRICELESS〜あるわけねえだろ、んなもん〜」HPより


今回はハピネス魔法瓶を正式にオフィスを立ち上げたが、

そこに彩矢はいなかった。どうして去ったのかわからない

金田一だったがそんな時に生産ラインの機械が故障しラインがストップしてしまった。

そのために掛かる費用が莫大の為に金田一は資金援助のために

瑤子の父遼一に頼むもさすがに簡単には出せない額という事で

金田一にレセプションで勝ち抜いたらという条件で援助を約束する。

そんなレセプションにはミラクルも参加し、そこに彩矢がいた。

動揺した金田一だったがすぐに切り替えて接待を始めるが、

最初のクライアントの接待では手にタコができているという事で

バッティングセンターでの接待をする。

しかしこのタコはゴルフのタコだった。

まあ私もゴルフの接待はできないからバッティングセンターの接待なら

面白いとは思うんですけれどね。

そして次には予約した店へ向かうも、

今度は瑤子が予約した店を間違えてしまいピンチを迎えるが

金田一は自分の原点として始まった路上の炊き出しへと向かい、

そこでこの一杯の豚汁から始まったと話し始めると

クライアントに話しはじめクライアントもかつて貧乏だった時代を思い出し、

金田一の行動に感動し業務提携を決意したのだった。

金田一は人の心を掴むのが上手いだけでなく、確りその熱意を伝えられる人でもあった。

しかしその業務提携は統一郎によって阻止されてしまったがクライアントとの繋がりは深まった。

まあ実際の業務提携だけが提携じゃないですからね。

それを知った彩矢は統一郎に金田一はプロセスを大事にする人だと

いう決定的な違いを告げて自らの意思でミラクルを後にして再び金田一の元へ戻ったのだった。

ようやく彩矢の迷いが消えた。

しかし統一郎はこれにより本格的なハピネス魔法瓶潰しに取り掛かるのだった。

次回は統一郎がハピネス魔法瓶潰しに取り掛かり、これで金田一はピンチに陥る。

果たして金田一はここをどう乗り越えるのだろうか?

そのピンチに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。