19日ドラマ「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第5話を視聴した。

今回は金田一はラーメン屋の屋台でホットドック屋を始めようと提案する。

ホットドック屋を始めるに当たり以前からお世話になっていた

キングスコートの藤沢にホットドックの作り方を教えてもらった。

そして早速ホットドック屋を開店するとその場所はミラクル魔法瓶の前だった。

最初は社員は抵抗があったものの1人が名乗り出るとみんなが行列を作り好評の内の終わる。

しかしその頃ミラクル魔法瓶は主力商品だったミラクル魔法瓶の撤退を決めていた。

それを知った金田一はそのミラクル魔法瓶で何かをやろうと考えていたシーンがメインだった。
ストーリー

金田一二三男の部屋に模合謙吾まで転がり込んできた。

すでに二階堂彩矢がいるので、狭い部屋に3人で寝なくてはいけない。

早速、部屋の使い方で模合と彩矢がもめだすが、

金田一は何やら良い事を思いついたとソワソワしている。

金田一は佐倉辰彦にもらった屋台を使ってホットドッグ屋を開く事を思いついたのだ。

金田一から話を聞いた模合と彩矢は反対する。

模合は鞠丘一厘に空いている部屋はないかと聞くのだが、『幸福荘』に空き部屋はなかった。

そのため、彩矢が富沢萌の部屋に泊めてもらう事になる。

翌朝、彩矢は一晩中、萌の悩み相談に付き合わされて寝不足。

そんな彩矢と模合を連れて、金田一は『キングスコート』の藤沢健のもとへ。

金田一は藤沢が作るホットドッグの味を再現した屋台を考えていて、食材も都合してもらったのだ。

彩矢は反対していたハズなのに原価計算を始め、模合も他に何か売る物はないかと考えだす。

それでも、表面上は屋台経営には大反対の模合と彩矢。

準備が済んで屋台を押しながら金田一が告げた販売場所を聞いた2人は、

あきれかえってしまう。

なんと、その場所は3人がクビになった『ミラクル魔法瓶』の社屋前だった。

その頃、『ミラクル魔法瓶』では大屋敷統一郎と財前修が、

さらなるリストラを進めようとしていた。

以上フジテレビ「PRICELESS〜あるわけねえだろ、んなもん〜」HPより

今回は模合もクビになった事で彩矢と3人の共同生活になった

金田一はラーメン屋の暖簾を受継いだ屋台でホットドック屋をやろうと思い立つ。

ホットドック屋を始めるに当たり以前お世話になった

キングスコートの藤沢の元へ行きホットドックの作り方を教えてもらった。

そして早速ホットドック屋を開店するがその場所はミラクル魔法瓶本社だった。

金田一は以前から食堂の飯の不味さに目を向けていたのだった。

そして早速開店するも当初は金田一らの事を敬遠するも、

1人が名乗り出るとみんなが行列を作ってホットドックを買ってくれた。

その頃ミラクル魔法瓶は主力商品のミラクル魔法瓶の販売を止める事を決めていた。

技術部長はそれを聞き社長の器じゃないと吐き捨てた。

まあ社名の商品を止めるようじゃね・・・

そしてそれを知った金田一はホットドック屋の成功の元で

次はリストラされたミラクル魔法瓶を自らの手で売ろうと考えていたのだった。

次回はそんな金田一に突然1千万の融資が舞い込みミラクル魔法瓶の開発に取り掛かる。

果たしてミラクル魔法瓶は売れるのか?

その手腕に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。