18日ドラマ「MONSTERS」第5話を視聴した。

今回は料理対決を審査する料理研究家が殺害された。

当初は証拠もなく事件は混迷するが、平八は現場検証であるポイントを見つける。

料理対決では過去4回連続勝利を収めている料理人と異色の経歴も挑戦権を獲得した。

そんな2人に平八は着目し、平八は西園寺にこの料理対決で負けた方が犯人ですと告げるが、

西園寺は平八に言われた細工をした。

そしてその料理人が負けた事で犯人が鼻が利かない事が証明され、

当時現場で料理の匂いが解らなかったのは

その料理人が犯人だからと証明したシーンがメインだった。
ストーリー

日本最高の料理人を決める 「 全国料理人コンペティション 」 の開催を間近に控えるなか、

審査委員長の料理研究家、大河原六郎が殺害された。

コンペティションで日本一を目指し対決するのは、日本料理の伝統を忠実に受け継ぎ、

これまで4期連続の勝利を収めている 丸岡龍次郎 と、

東大の大学院を出た異色の経歴を持ち、全国予選を勝ち抜いた 四条敦彦。

丸岡は今回勝てば5期連続の勝利で、料理界初の永世王座の称号を手に入れることができる。

殺害された大河原は、勝負が始まるまで秘密とされているメインの食材を知る唯一の人物だった。

そんな中、殺害現場からは四条が身に着けていたブレスレットと同じ物が発見され、

四條に真っ先に疑いの目が向けられた。

平八は現場に残された大河原の携帯に染み付いた匂いにヒントを求めるが ―。

事件が解決に向かうなか、西園寺には公私共にある変化が訪れる。

以上TBS「MONSTERS」HPより


今回は料理研究家の審査員が殺された。

当初は現場で殺されたと判断したが、どうもそうじゃないようで、殺害現場は別にあったようだ。

そんな中平八はある違和感を覚えたのだった。

その違和感はそこで料理が仕込まれていた事だ。

現場はその料理中という事でセットされたらしい。

そんな状況に平八は次の料理対決で対決する相手の事情聴取を行う。

そしてそこで事情聴取した先に犯人は次の料理対決で敗れた人が

犯人ですと平八が宣言し当日の料理対決ではそれぞれの料理メニューを活かした対決をするが、

そこで圧倒的な大差で対決した料理人が負けた。

その負けの原因は犯人の鼻が病気で利かなくなったからだった。

それがどうして犯人なのかは実はその場所の匂いで

それが嘘のアリバイを証明してしまったからだった。

平八はその証明をするために調味料をすり替えていたのだった。

次回は密室殺人に平八と西園寺が挑む。

果たして今度の事件はどんなトリックがあるのか?

そのトリックに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。