11日ドラマ「MONSTERS」第4話を視聴した。

今回は西園寺が入院していた病院で大学教授の殺人事件が発生した。

その事件で疑われたのは同じ大学のNo.2にある准教授だったが、

その准教授は殺された死亡推定時刻に手術中で殺せない事が判明する。

しかしこの死亡推定時刻に対して不審に思った平八は西園寺と事件の検証に入る。

そんな中No.2の准教授の言葉から違和感ある言葉を覚えた平八はさらに事件を調査する。

そして殺された原因の教授はNo.2の准教授が製薬会社と癒着があると察知し、

そして平八は規律委員会でNo.2准教授を言葉攻めし、

そしてついに決定的な証拠であるNo.2准教授の血のついた

ハンカチをDNA鑑定した証拠を見せて犯人を陥落させたシーンがメインだった。
ストーリー

大学病院で殺人事件が発生した。

被害者は大学病院の第一外科教授である 門倉俊三。

偶然入院をしていた 西園寺は凶器が発見された現場に居合わせることになる。

犯行が疑われたのは、同じ大学病院で No.2 の立場にある

第一外科准教授の 安東研一。

門倉教授から死の直前、順当にいけば後任教授候補である安東ではなく、

自分を教授に据えると言われていた講師の 村川英樹は、

警察の捜査にその原因となった 『 安東と製薬会社との不正取引の事実 』 を告白する。

しかし安東には、被害者の死亡推定時刻中、手術中であったというアリバイが存在した。

金田及び金田班は病院にいた人間全てを対象に取調べを始める。

一方、平八&西園寺のコンビは、看護師や医師に事情を聞くことに。

すると第一外科医師・土田隆弘が、

「 死亡推定時刻に村川さんが事件現場となった倉庫に向かうところを見た 」 と証言して…。

以上TBS「MONSTERS」HPより


今回は西園寺が偶然入院していた病院で殺人事件が発生した。

たまたま入院していた西園寺だったが、事件は意外なところから凶器が発見され、

これが決定的な証拠として検証する事になった。

しかしそのナイフからの殺された教授の血液が検出された。

その血液から教授は死亡推定時間10時という事でその時容疑者として上がっていた

No.2の准教授は手術中で殺す事は不可能だった。

そんな中事情聴取をしているうちに平八はある言葉の違和感を感じる。

そしてその調査をしているうちに准教授には製薬会社の癒着があり、

その癒着を揉み消すために教授を殺したのではないかという推測ができた。

しかしこれはあくまで推測に過ぎず決定的な証拠が見つからない。

そんな中西園寺は事件が起きた時に凶器のナイフをハンカチで触っていた事を思い出し、

そのハンカチからDNA鑑定で犯人が突き止めた。

そして規律委員会で平八は犯人は教授であり弁論をした後

決定的な証拠であるハンカチの血を見せのだった。

まあさすがに凶器を触るところまで感じなかったのだろうけれど、

犯人の想定外のところから足が付いた。

次回は平八がクイズに挑戦し負けた方が犯人だという事を告げる。

果たして犯人は誰なのか?

そのクイズに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。