7日Jリーグ12第31節が行われ、

アルビレックス新潟はアウエーアウトソーシングスタジアム日本平で4位清水エスパルスと対戦し

1対0で新潟がDF石川のゴールを守り切り、4試合ぶりの勝利で残留争いに踏み止まり、

8勝10分13敗勝ち点34得失点差-8で17位のままだが大宮が鹿島との直接対決でドロー、

神戸が横浜に敗れ、ガンバ大阪がドローに終わり14位まで勝ち点差3差になった。

試合は前半から清水の猛攻に耐える時間が続く。

しかし新潟は粘り強い守備で清水にゴールを許さず、

新潟も少ないチャンスでゴールを狙うがゴールを割れず前半は0対0で折り返す。

後半新潟は決定的なピンチを迎えるがゴールポストに助けられ難を逃れると、

後半14分CKからDF石川のヘッドが決まって新潟が先制する。

清水も選手を入れ替えて攻撃に転じてくるが、

再三のピンチを守備陣が体を張って守り切り新潟が4試合ぶりの勝利で勝ち点3を手にした。

これでアルビレックス新潟は残留争いに踏み止まり

14位大宮との差を3に15位神戸との差を2にして次のホームで2チームに並ぶ事を目指す。
もう勝つしかない試合で生き残った。

勝ち点3を得なければ次はないという覚悟で選手たちは闘ったし、

わずかなチャンスでゴールを決める事が出来たのは大きかった。

できれば前半からゴールを奪えればよかったが

この試合は勝ち点3を得る為の試合だったので結果を残せた事が全てだ。

4位の清水に勝利できたのだからこの先怖い相手はいない。

そして清水にはリーグ戦2勝!

自信を持って戦えば良い。

次も選手たちに自信を与える言葉を与え続けよう。

そして今節で大宮が鹿島とドローに終わり、

神戸が敗れた事で勝ち点差3差、勝ち点差2差になった。

次の試合で大宮が敗れ、神戸が引き分け以下で新潟が勝利すれば勝ち点で並び

ガンバ大阪次第だから得失点差で14位か15位に浮上する。

現在新潟の得失点差は−8、神戸も−8だから

この得失点差で並んだら得点で神戸が上になる。

しかし次節で神戸がドロー以下なら新潟は−7になり1つ順位が上に行ける。

対して大宮は現在−11で負ければこれ以上の−になるので

新潟、神戸、大宮が並べば新潟が上に行ける。

ガンバ大阪は得失点差が+1なので3チームは勝負にならない。

その点で次節神戸がアウエーで東京、大宮はアウエーでセレッソと対戦する。

ガンバ大阪はアウエーで清水と対戦する。

新潟はホームで川崎と対戦するが過去J1で川崎との対戦でホームで敗れた事はない。

7勝1分だ。

相性の良い相手でもあり、ここで勝利しなければ

最終節まで希望を繋げないだけに何が何でも勝利する事が重要だ。

次節で大宮、神戸と勝ち点で並べば同じ土俵で勝負になる。

次節は私も当初の予定を変更して参戦する事を決めた。

この試合が今シーズンの今後を決める試合と位置付けても良い位の試合になるだけに

この試合こそ3万人以上の観客でチームを後押しして勝ち点3を獲得をしよう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

アルビレックス新潟の奇跡―白鳥スタジアムに舞う (Big comic books)アルビレックス新潟の奇跡―白鳥スタジアムに舞う (Big comic books)
著者:飯塚 健司
販売元:小学館
(2005-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る