1日プロ野球日本シリーズ2012北海道日本ハム対巨人第5戦が札幌ドームで行われ、

2対10で巨人がボウカーの2ラン、阿部捕手の代役加藤捕手のダメ押し2点タイムリーなど

脇役の活躍でエース内海投手が守り切り3勝2敗で巨人が3年ぶりの日本一へ王手を掛けた。

試合は北海道先発吉川投手、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、

2回に巨人が7番ボウカーの2ランで先制するが、

その裏北海道も6番金子選手のタイムリーで1点を返す。

しかし3回に巨人は3番坂本選手のタイムリー、5番矢野選手の犠牲フライ、

6番エドガーのタイムリーで3点を追加して先発吉川投手をKOした。

そして4回には9番加藤捕手の打席で2番手多田野投手が投じたボールが

加藤捕手の顔付近を通過して倒れたがこれが主審が誤審で死球と判断し、

多田野投手は危険球退場の誤審で退場処分となり場内は騒然となった。

その流れを北海道は止められず、3番坂本選手の犠牲フライで追加点を与えると、

5回に9番加藤捕手のタイムリー2ベースで2点をさらに追加して、

9回には途中出場の鈴木選手、2番松本選手のタイムリーでダメ押しした。

投げては先発内海投手が8回2失点に抑えてシリーズ2勝目を上げた。

これで巨人は日本一へ王手を掛けて再び舞台を東京ドームに戻した。
この試合は脇役が大活躍した。

特にこのシリーズでシリーズ男のボウカーがまたも2ランで先制すると、

その後3番坂本選手のタイムリーで流れを呼び込むと、

打線は止まらず脇役が確りと得点を重ねた。

1番問題のシーンとなった4回の9番加藤捕手の多田野投手の投球だけれど、

これは全く当たっていません。

完全に主審の誤審です。

しかもこの大事な場面でこの試合を大きく決めてしまったシーンでもあるだけに

主審の誤審は世紀の誤審として語り継がれる事でしょう。

それでも卒なく脇役が得点を重ねた事で大量得点に

結びつけたのはチームにとって非常に良かった。

阿部捕手欠場で4戦目は嫌なムードが漂っていただけに

それを脇役の選手たちが見事にカバーした。

内海投手もそれに応えて8回2失点に抑えてくれた。

これで巨人は3勝2敗で王手を掛けたけれど、

このまま6戦目で決めてしまいたいところだ。

3年ぶりの日本一へ視界良好だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。