28日プロ野球日本シリーズ2012巨人対北海道日本ハム第2戦が東京ドームで行われ、

1対0で巨人が長野選手の先頭打者ホームランとセンターゴロの演出、

澤村投手の力投の活躍で北海道に快勝し2連勝で制して北海道に乗り込む。

試合は巨人先発澤村投手、北海道先発武田勝投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が1番長野選手のホームランで先制する。

その後両チーム迎えた4回に北海道は1死1塁から

6番小谷野選手の打球がセンター長野選手へ難しい打球が飛び

これを判断の迷った走者稲葉選手のスタートが遅れて

長野選手がすかさず2塁へ送球して珍しいセンターゴロと記録された。

その後澤村投手の力投もあり北海道打線はホームが遠く、

最後は2番手山口投手、3番手マシソンが抑えて巨人が2連勝で日本一へ近づいた。

これで巨人は2連勝と最高の形で本拠地シリーズを終えて北海道へ乗り込む。
澤村投手の力投もそうだけれど、長野選手のホームランとセンターゴロの活躍で勝利に導いた。

私もあまり観る事が無いセンターゴロは確かに打球判断が難しいところだけれど

それを可能にしたのが長野選手の強肩だった。

そして先頭打者としても出鼻を挫くホームランによるスミ1で逃げ切ったのも

今シーズンのチーム防御率の凄さを見事に証明している。

北海道も反撃を試みたものの4番中田選手が死球で途中交代したのが痛かった。

これで2戦とも巨人が制した訳だけれど、

北海道はこのようにはいかないだろうから

今日のような接戦を覚悟して東京ドームで決めるつもりに挑みたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。