18日セントラルリーグクライマックスシリーズ12ファイナルステージ第2戦

巨人対中日戦が東京ドームで行われ、

2対5で中日が大島選手の活躍で巨人に連勝し

対戦成績を1勝2敗として巨人はアドバンテージの効果を失った。

試合は巨人先発ホールトン、中日先発伊藤投手の投げ合いで始まり、

1回に巨人が3番坂本選手のタイムリー2ベースで先制するも、

中日は2回に9番伊藤投手のタイムリー、1番大島選手の内野ゴロで逆転に成功し、

4回に2番荒木選手のタイムリー、6回には1番大島選手のホームランでリードを広げた。

巨人も8回に1番長野選手のタイムリーで2点差としたが

最後は抑えの山井投手に抑えられ巨人は2連敗でアドバンテージを失った。

これで巨人はまさかの2連敗を屈して1勝分のリードを許す展開となった。
いくら先発陣が充実していても序盤で点を与えては終盤追いつけない。

中日が先発は不利と開き直って戦っているだけに

当然5回までに得点を取る事を目指して戦ってきている。

それをわかりながら得点を与えてしまっては意味がない。

特にこの試合は先制しながら逆転を許しただけに

これでほぼ互角になったという事だ。

少なくてもこれで敗退するようなら原監督は解任すべきだと考えているので

まず3戦目でタイに持ち込まなければ監督のクビが飛ぶ覚悟が必要だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。