15日セントラルリーグクライマックスシリーズ12ファーストステージ第3戦

中日対東京ヤクルト戦がナゴヤドームで行われ、

4対1で中日が5番ブランコのグランドスラムで東京ヤクルトの息の根を止めて

6年連続ファイナルステージ進出を決めた。

試合は中日先発山本昌投手、東京ヤクルト先発村中投手の投げ合いで始まり、

2回に東京ヤクルトが8番相川捕手のタイムリーで1点を先制する。

中日も再三チャンスを作るも得点できず迎えた8回

1死満塁から5番ブランコが抑えのバーネットからグランドスラムを放ち試合を決めた。

最後は浅尾投手が抑えて中日が6年連続ファイナルステージ進出を決めた。

これでセントラルリーグは巨人対中日の5度目のファイナルステージでの戦いとなった。
唯一ファイナルステージ連続進出を決めていた中日が

今回もその豊富な経験を活かして進出を決めた。

両チームとも最後まで完全な総力戦だったけれど、

最後は経験の差というべきだろう。

ブランコに特大のグランドスラムを撃たれて東京ヤクルトは力尽きた。

やはり昨年もそうだけれど経験のないチームは最後で

ばたつき易いがまたもその傾向を出してしまった格好だ。

これでファイナルステージは巨人対中日との対決になるが

中日はエース吉見投手が不在だけにこれがどうシリーズに影響してくるのか?

そして巨人は無事に日本シリーズ進出を決められるのか?注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。