13日セントラルリーグクライマックスシリーズ12ファーストステージ第1戦

中日対東京ヤクルト戦がナゴヤドームで行われ、

6対1で中日が和田選手のホームランなどの活躍で勝利し

ファイナルステージ進出に大きく前進した。

試合は中日先発中田投手、東京ヤクルト先発石川投手の投げ合いで始まり、

4回に中日が5番和田選手の2ランで先制すると、

6回に堂上剛選手のタイムリーで追加点を上げるが

7回に東京ヤクルトは4番バレンティンのホームランで1点を返したが

その裏中日は5番和田選手のタイムリー、6番井端選手の犠牲フライ、

代打平田選手のタイムリーで3点を追加した。

結局このまま中日が3番手浅尾投手、4番手ソーサ、5番手山井投手のリレーで逃げ切った。

これで中日は6年連続ファイナルステージ進出へ前進した。
セントラルリーグでは過去5回全てファイナルステージに進出している中日が

短期決戦の強さを発揮した試合だった。

中日はエース吉見投手を欠いて苦しい先発陣を打線とリリーフ陣が

カバーして乗り切る覚悟だ。

ただ今季は打線が昨シーズンより良いので貧打に苦しむ事は少なそうだが、

やはり先発陣が揃わない事がこれからファイナルステージへ向けた1番の不安材料になる。

それをリリーフ陣の踏ん張りで逃げ切るのはさすが落合監督に鍛え上げられた

投手陣は健在である事を証明した。

このまま中日が6年連続ファイナルステージへ進出するのか?

第2戦に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

中日ドラゴンズ 優勝記念盤 感動の軌跡2011 〜球団史上初のセ・リーグ連覇〜 [DVD]中日ドラゴンズ 優勝記念盤 感動の軌跡2011 〜球団史上初のセ・リーグ連覇〜 [DVD]
出演:中日ドラゴンズ
販売元:日本コロムビア
(2011-10-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る