9月15日公開の映画「鍵泥棒のメソッド」を鑑賞した。

この映画は売れない役者と殺し屋が入れ替わった事により

婚活中の雑誌編集長まで巻き込んですれ違った人生で

数多くの騒動を巻き起こしていくストーリーである。

当初は役者と殺し屋に無理があるものだと感じていたが、

蓋を開けたらこれが予想以上に笑える喜劇の大逆転劇へと繋がる事になる。
ジャンルとしてはコメディータッチな部分があるんだけれど、

ある日突然記憶を失ってしまい別の人物になってしまったらどうなってしまうのか?

という事を考えると意外と困るケースもある。

今回のケースは売れない役者と殺し屋だから完全に逆転の世界な訳だ。

そんな中で何も知らずに入れ替わった相手も

また何も知らずに騒動に巻き込まれていく訳だけれど、

予想外の第3者である婚活中の女性が入ってくる事でますますおかしくなっていく。

果たしてこの騒動の結末は一体どうなってしまうのか?

レビューしていきたい。

キャスト

桜井武志演じる堺雅人

山崎信一郎通称コンドウ演じる香川照之

水嶋香苗演じる広末涼子

井上綾子演じる森口瑤子

工藤純一演じる荒川良々

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

貧乏役者の桜井は自殺を考えたが失敗し、

銭湯に行き、羽振りのよさそうな男が風呂場で転倒し頭を強打し気絶するのを目撃。

そのどさくさに紛れて、鍵を自分のものと取り換え、彼になりすますことにする。

がしかし、その男は伝説の殺し屋、コンドウだった。

桜井は彼をコンドウだと思い込んでいるチンピラに殺しの大金の絡んだ

危ない仕事を受けるはめになり、大ピンチに。

一方、婚活中の女性編集長・香苗は記憶喪失で途方に暮れている

コンドウに出会い好意を抱くが…。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして売れない役者の桜井はお金も無く、友人から借金もしている。

役者として目が出る可能性は限りなく0に近く、当てのない生活を続けていた。

そんなある日桜井は銭湯である日先頭に入ってきた男が気絶して倒れてしまい

その隙に鍵をすり替えてしまったのだった。

これだけでばバレないはずだったが、

気絶した男性が記憶を失ってしまい桜井にされてしまっていた。

一方本物の桜井は気絶した男がコンドウと名乗っている事を知り、

コンドウに成り切ろうとするが、

如何せん桜井はコンドウがどんな人物なのかも知らない状態だ。

そんな中でコンドウが所持していたお金をこれまでの借金や家賃滞納などに充てる。

まあ普通にこれは完全に犯罪行為ですけれどね。

まあ桜井は泥棒なのでそんな意識は1つもないだろうけれど、

元々は金目当てだった訳である意味桜井は犯罪に手を染めた訳だ。

そんな中桜井にされてしまったコンドウは記憶を失い桜井として入院する。

しかしコンドウの時の癖が残っており、

桜井と違い非常に几帳面なタイプだった。

だらしない人と几帳面な人では完全に行動パターンが違うだけに

その後の行動に大きな差が出てくる。

そこに偶然コンドウの目の前に香苗という女性が

親切に桜井の自宅まで送ってくれた事によって

香苗は婚活中の中運命の人に出会った予感がする。

この出会いはコンドウが記憶喪失になっていなければ

このような事は絶対に有り得ない訳である種の偶然というべきだろう。

そんな中でコンドウになった桜井はコンドウの自宅へ行くが、

几帳面なコンドウの自宅は桜井の自宅とは完全に違っていた。

そしてそこで桜井はある電話に出てしまったのだった。

まあお金のない桜井にとってスマホもパソコンも初めてな訳で

殆ど使い方すらわからない訳であり、

さらにはコンドウの仕事が何なのかすらわからない訳で、

この電話に出てしまった事で事態は大きく動く事になる。

一方桜井になったコンドウはだらしない桜井の部屋を綺麗にし、

メモノートで失った記憶を取り戻そうと色々な事をメモして行く。

そんな中で桜井がやっていた役者の仕事現場にいってエキストラとして参加する。

一方香苗は仕事のないコンドウに対して自分の会社でアルバイトを斡旋する。

そしてそこから2人の関係は縮まっていく。

その頃コンドウになった桜井はあるお金を見つけて、

さらに電話のあった依頼人を調査する事でその詳細がわかり、

見つけたお金で逃走資金を図ろうとした。

まあそもそもこの計画あまりにも計画性なしなので

本当のコンドウならこんなヘマはしない。

一方本物のコンドウは香苗の父が亡くなった事で葬儀に出席し、

さらに香苗の実家に行ってある音楽を聴いた事で記憶がよみがえる。

そしてついに本物の桜井とコンドウが対面した時コンドウの本当の正体を知り、

さらに狙われている事を知るのだった。

追われた2人はある行動に出る。

その行動に出ようとした時香苗まで現れ騒動は大きく狂い出すのだった。

果たして3人の運命はいかに・・・

結末は劇場で観てほしいけれど、

だらしない役者と几帳面な殺し屋ではやはり所詮入れ替わるのに

無理があった訳でそういう結末に向かいつつもだらしない役者らしく

だらしない演技が実におもしろかったりする。

もう冷や汗ものですね。

そして人のお金なら躊躇なく使う姿勢はさすがだらしない役者であり、

生涯売れる可能性0という感じだ。

一方殺し屋のコンドウは何をやっても卒なく演じられるし、

何より几帳面なので桜井のようなヘマは絶対にしない。

1度拘束されたがこれは桜井のヘマによるものだった訳で、

それも利用してしまうほどだからさすがというしかない。

一方香苗は桜井を演じたコンドウの事を運命の人と愛してしまった。

これが最初からの出会いならこういう事にはならなかっただろうけれど、

記憶喪失になった事でコンドウも運命が変わった。

しかしそれ以上に桜井のヘマばかりの行動には

これじゃあ役者として当たっても1発屋だろうと感じる生涯たった1度の命がけの演技だった。

総評としてだらしない役者桜井と実は殺し屋ではないコンドウの演技は実に見事だったし、

それぞれ役者として最終的には相手を見事に騙した。

ただ桜井のだらしなさはコンドウも呆れていたが、

あの金の使い方では金を持っても1か月も経たずに

使い切ってしまうほどの浪費家という側面もあり、

間違っても香苗の婚活対象にはならなかっただろうね。

そんな香苗も命がけで運命の人と出会った訳で、

それはそれでハッピーエンドだった事が

最終的に桜井のだらしなさを補ったというべきだろう。

だらしなさ過ぎる男は婚活対象にならない事だけは間違いない事実だろうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

鍵泥棒のメソッド (角川文庫)鍵泥棒のメソッド (角川文庫)
著者:麻井 みよこ
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2012-08-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


点描のしくみ点描のしくみ
アーティスト:吉井和哉
販売元:EMIミュージックジャパン
(2012-08-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る