26日大河ドラマ「平清盛」第33話を視聴した。

今回は清盛は太政大臣を辞してのち50歳を迎えようとしていた。

この頃の平家は莫大な財と武力で朝廷で大きな勢力となっており、

清盛の存在は非常に大きいものとなっていた。

そんな清盛の50歳を祝おうと盛大なる宴を模様されて、

久しぶりに常盤御前が挨拶に来るなどこれまであまり会った事のない人との対面もあった。

そんな中で藤原基房と兼実が現れ舞と歌をそれぞれ競うように披露するが、

既に平家にも貴族の作法を取得しており全く遜色ない舞と歌を披露した。

そして清盛は盛大な舞を披露したが数日後清盛が突然倒れるシーンがメインだった。
ストーリー

1167年、太政大臣にのぼった清盛は五十歳になろうとしていた。

六波羅で行われた五十の宴に現れたのは、熊野で生まれ育ち、

清盛にとって末の弟になる忠度。

熊のようなその男の登場に、一門は驚く。宴の最中に

平家を面白く思わぬ摂関家の藤原基房と兼実が現れ、

「武家は武力をふるうことはできえても、花鳥風月を解することができぬのではないか」と皮肉る。

すると清盛は息子の重盛・宗盛に舞をまわせ、さらに忠度に歌を詠ませる。

さらに清盛は、新たに造営する厳島神社の海の寝殿のごとき絵図を披露し、一同の度肝を抜く。

そして自分も舞い始め、そこでみんなはある奇跡を目撃する。

以上NHK平清盛HPより


今回は清盛もついに50歳の時を迎えようとしていた。

この時代の50歳は長生きの部類になるだけに周りもその祝いは実に盛大なものとなった。

そんな中で清盛の元にはこれまで訪れた事のない一族の面々や

久し振りに常盤御前が挨拶に訪れるなどこの時代の清盛は権力的にも絶頂期である。

そんな中で宴が模様された訳だけれど、

その中で藤原基房と兼実が訪れ厳島神社の件で前例のない事を問う。

そんな中で清盛ははぐらかし、

舞と歌を基房と兼実が披露してそれに遜色のない舞と歌を披露し、

さらに清盛は厳島神社の全体絵巻を披露して基房と兼実の度胆を抜く。

これまで貴族の発想ができなかった事を披露してみせたのだった。

そんな中で清盛の50歳の宴は成功のうちに終わるが、

その数日後に清盛は突然苦しみ出し倒れるのだった。

次回は清盛倒れるに各地で衝撃が走る。

倒れた清盛は白河法皇の亡霊を見る。

果たして清盛は白河法皇の亡霊に何を言われるのか?

その亡霊との対面に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
販売元:NHK出版
(2012-05-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラックNHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック
アーティスト:V.A.
販売元:日本コロムビア
(2012-02-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


平 清盛 三平 清盛 三
販売元:NHK出版
(2012-07-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


NHK大河ドラマ《平清盛》オリジナル・サウンドトラック 其の二NHK大河ドラマ《平清盛》オリジナル・サウンドトラック 其の二
アーティスト:吉松隆
販売元:日本コロムビア
(2012-09-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る